シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐野北中の美術教師 長島久実子が主犯格?佐野市山形小学校ママ友事件

今年の4月、栃木県で異常とも思える

事件が起きていました。

栃木県佐野市内の

私立中学校に通う児童の母親2人が、

わずか一週間の間に相次いで

自殺していたのです。

しかもその原因が、

児童のいじめから広がった

ママ友いじめだったというのです。

しかしなぜか1紙がローカル版に

小さく掲載したのみで、

全国に報道されることがありませんでした。

そのこともあり

現在、インターネット上で

大きな話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

事件の概要

母2人自殺

今年4月16日と23日、

佐野市内の市立小学校の

児童2人の母親が相次いで自殺した。

遺族によると、

児童2人は学校で物を隠されたり

無視されたりするいじめを受け、

不登校になった。

2人の母親が「やめてほしい」などと、

別の児童の母親に改善を促すうち、

母親たちの間で孤立するようになった。

自殺直前には、他の児童の母親から

「母親失格だ」などと厳しく言われ、

家族に悩みを打ち明けていたという。

学校や市教育委員会は2人の死後、

独自調査をした結果、

「LINE(ライン)」上で、

母親同士が陰口などを

やりとりしていたことを確認した。

しかし、

「児童や母親の間にいじめ行為はなかった」

と結論づけた。

管轄する安足教育事務所には

SSWが配置されているが、

同事務所は

「学校側から要請がなかったので、

派遣はしなかった」

としている

これは7月3日の読売新聞

栃木県南版に掲載された内容です。    

結局当時は、

ほとんど報道されず、

「いじめ行為はなかった」

と結論付けられ、

そのまま沈静化していきました。    

しかし地元ではもちろん大騒ぎになり、

“知らない人はいない”

ほどの事件にもかかわらず、

なぜか全国に報道されることは ありませんでした。    

このような事件の経緯を

説明している”ツイート”がありました。

これらを見ていると、

何か意図的に事件を沈静化させたような、

そんな見方もできてしまいます。  

いじめの主犯格・長島久実子は美術教師

インターネットやツイッター上の

情報によると、

この事件が起こった小学校は、

佐野市立山形小学校であることは

間違いないようです。    

さらに“ママ友いじめ”を行っていた

主犯格の人物は3人で、

その中でも“ボスママ”と呼ばれている人物が、

佐野市立北中学校美術教師

長島久実子教諭ということも

明らかになってきました。  

この長島久実子という人物、

以前はFacebookをしており(現在は削除済み)

そのプロフィール写真で

“鼻毛が出ていた”ことから、

ネット上では “鼻毛”というあだ名が

ついてしまっています。  

さらにこの長島久実子についての

情報を集めてみると、  

・小学5年生の娘、小学2年生の娘 2人の子供がいて、

この2人が山形小学校に 通っている。

・旦那も教職者

佐野市内の別の小学校に勤めている  

以上のようなことが 明らかになっています。

学校と教育委員会、町ぐるみの隠ぺい?

佐野市立山形小学校は、

全校生徒74人

とても小さな学校です。

内訳は

1年生 9人

2年生 9人

3年生 16人

4年生 13人

5年生 14人

6年生 13人

単純にこのような小規模な

集まりであれば、

ほぼ全ての児童と保護者が

“顔見知り”である可能性は

非常に高いと思われます。  

また、主犯格とされる

長島久実子とその教職者。  

学校教育委員会も、

”身内”が事件に関わっていたとしたら、

隠したくもなるでしょう。  

信じたくはありませんが、

今まで明るみにならなかった理由を考えると、

この可能性は否定できそうにありません。  

この事件では 2人の母親が自殺しており、

当然のことながら 家族、

子供が残されてしまったのです。  

4月16日に亡くなった母親の遺書には、

長島久実子の名前が記載されていたといいます。  

4月23日に亡くなった母親は、

授業参観後の保護者会に出席

その中の役員決めで責め立てられ

泣きながら教室を飛び出して行き、

その後、帰って来ない母親を探していた

娘たちが 遺体を発見したといいます。  

このような事態が、

うやむやに風化されてしまうことは

絶対にあってはならないと思います。  

早期の事実関係の公表を願います。  

またこの事件を調べていて頭に浮かんだのが、

岩手県矢巾町で起きた

村松亮さんの事件。

事件後、“雲隠れ”を続けている

担任の田口千賀子(ちかこ)教諭。  

長島久実子教諭も、

田口千賀子教諭も、

事件後すぐに自身のFacebookを 削除するなど、

“隠ぺい”に関しては、

手が早かったようです。  

しかしどれだけ隠しても、

動かない真実は存在しています。  

関連記事と地図

関連記事

JR矢幅駅で中学2年の村松亮さんが飛び込み自殺 原因はいじめ?

矢巾北中学校 村松亮さんの担任と家族について考察

田口千賀子(ちかこ)の画像や写真が流出しない理由

山形小学校

ストリートビュー

 

佐野市立北中学校

ストリートビュー

山形小学校と佐野市立北中学校


スポンサーリンク
佐野北中の美術教師 長島久実子が主犯格?佐野市山形小学校ママ友事件
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする