シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元デリヘル嬢・三浦未希恵のテクニック

客の40代の男性から

現金およそ1,560万円

だまし取った疑いで

元派遣型風俗店従業員(デリヘル嬢)で、

東京都練馬区豊玉中2丁目の

飲食店従業員、

三浦未希恵容疑者(29)が逮捕されました。

わずか2か月の間

一人の男性から9回にわたり、

1,500万円以上をだまし取った

そのテクニックとは?

そしてだまし取ったお金の

呆れた使用目的とは?

少しまとめて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

三浦未希恵容疑者(29)

三浦未希枝

(出展:TBS NEWS)

三浦未希恵容疑者が

犯行を行っていたのは、

2011年12月下旬~2012年2月上旬

約2か月間

被害にあったのは

東京都杉並区に住む40代の男性客

三浦未希恵のテクニック

三浦容疑者は40代の男性に対し、

「父親が親戚に借金をしていたが、

けがをして働けなくなってしまった」

「返済の催促がひどい」

「自分が代わりに全額返済したい」

などの嘘を言って、

9回にわたり

現金約1,560万円をだまし取っていました。

つまり40代の男性に

不幸な身の上話をすることで同情を買う

というのが、

三浦容疑者の詐欺テクニックだったわけです。

事件が発覚したのは

被害に遭った男性が、

最後に現金を手渡した後

三浦容疑者と連絡が取れなくなったため、

2013年11月に

警察相談していたことによるものです。

三浦未希恵 詐欺の理由

逮捕後の取り調べで

三浦容疑者は男性からだまし取った

現金約1,560万円ほぼ全てを、

“ホストクラブの代金に充てていた!”

ということがわかりました。

ひどい時には

一晩で200万円を使い切ることも

あったようです。

受け取った現金は

ほぼその日のうちに全てを使い切る!

つまりは自分が豪遊するために

このようなことを繰り返していたようです。

さらに逮捕後の取り調べに対し、

「身内の不幸ネタを話すと

同情して言いなりに金を出してくれたので

ついついやってしまった」

「言えばいいなりになるような人だったので

やってしまった」

などと供述しており、

容疑を認めているようです。

事件を考察

この事件、

確かにお金をだまし取っているので

れっきとした犯罪なわけですが、

少し見方を変えると複雑です。

まずは三浦容疑者を信じ切って

1,500万円以上ものお金を

手渡した40代の男性。

よほど三浦容疑者の

テクニックが凄かったのか?

それとも何か別の理由があったのか?

もう少し早く気付けなかった

ものでしょうか?

さらに詐欺だったとは言えこの男性、

喜んでお金を渡していたのでは?

この男性にも落ち度があるように

思えます。

それにしても三浦未希恵容疑者。

さすがにデリヘル嬢として

人相手の仕事をしていただけあって、

その演技力も大したものです。

もっと別の方向で

そのテクニックを発揮していれば、

それなりのお金を稼げたのでは

なかったのでしょうか?

スポンサーリンク
元デリヘル嬢・三浦未希恵のテクニック
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする