シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小番一騎が妻の不倫相手、弁護士・和田正の下腹部を切断!

8月13日、午前7時40分ごろ、

東京都港区虎ノ門の弁護士事務所で

男性弁護士(42)の顔を数回殴り、

意識がもうろうとしたところで

ズボンを脱がして

持参した枝切りバサミ

下腹部を切り落としたとして、

東京都中野区上高田の大学院生、

小番一騎(こつがい いっき)容疑者(24)が

傷害容疑現行犯逮捕されました。

小番容疑者の20代の妻が、

被害者の男性弁護士が所属する事務所に

事務員として勤務しており、

警視庁では男女間のトラブルがあったとみて、

詳しい動機を調べています。

それにしても

“下腹部を切り落とす”

という衝撃的な犯行内容。

よほどの“恨み”があったことでしょう。

この事件について

考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

この日、小番容疑者は20代の妻とともに

朝から弁護士事務所を訪れ、

事務所内で3人で話し合い

していたと言います。

その中で何らかのトラブルが発生し、

小番容疑者は男性弁護士の顔を

数回殴ったようです。

実はこの小番容疑者、

現在は大学院生ですが、

オザキボクシングジムに所属していた

元プロボクサーだったのです。

小番一騎

(出展:オザキボクシングジム)

小番一騎 フェイスブック

ジムのプロフィール(現在は削除されています)

では、戦績は0勝0敗となっていたことから、

駆け出しのボクサーで

デビュー前だったと思われます。

とはいえ、一般人が元とはいえ

プロボクサーのパンチを食らっては、

たまったものではありません。

男性弁護士は意識がもうろうとし

その場に倒れこんだようです。

しかし小番容疑者の暴行は

これだけでは収まりませんでした。

倒れこんだ男性弁護士のズボンを脱がし

あらかじめ用意してあった

枝切りバサミを持ち出すと、

なんと!

男性弁護士の下腹部を

切り取ってしまったというのです!

さらにその切り取った下腹部は、

トイレに流し、現在も行方不明

ちなみに凶器に使われた枝切りバサミは

長さ約20cm刃は約6cmということで、

これぐらいのサイズと思われます。

男性弁護士は病院に運ばれ、

重傷ではあるものの

命に別状ありませんでした。

小番容疑者は

現場に駆け付けた警察官に現行犯逮捕され

「間違いはない」

容疑を認めています。

小番容疑者の妻と男性弁護士は不倫していた?

今回の事件で被害に遭われたのは、

みなと協和法律事務所に所属する

和田 正氏(42)。

調べてみると

弁護士としてはエリートコースを歩み、

結婚して子供も4人いるようです。

正式な発表はされていませんが、

事件当日、小番容疑者20代の妻

和田正氏3人

事務所で話し合いをしていたことから、

男女関係のトラブルがあった可能性は、

非常に高いでしょう。

さらに小番容疑者の

“下腹部を切り落とす”

という異常な行動は、

それを裏付けるものであると思われます。

(明らかに下半身に対して

恨みを持っていたと思われます)

ただ、今回の報道で気になるのは、

“小番容疑者は駆け付けた

警察官に現行犯逮捕されています”

?????誰が警察に通報したの?

小番容疑者の20代の妻?

小番容疑者の妻が和田正氏を誘惑?

ということで、

これも正式な発表ではありませんが、

“小番容疑者の妻が和田正氏を

しつこく誘惑していた?”

という新事実が発覚しました。

ところが不倫関係が

小番容疑者に気づかれてしまい、

「和田正氏に襲われて、

そのような関係になってしまった」

と、いかにも自分が被害者のように

話したようです。

そこで頭に血が上った小番容疑者が

和田氏の事務所へ乗り込み、

今回の事件を引き起こしたようです。

この事件で小番容疑者は犯罪者。

小番容疑者の妻は、、、、、

和田正氏は、、、、、、

もはや言葉も出てきません。

3人の関係が崩壊したことは

間違いありません。

事件現場

ストリートビュー

スポンサーリンク
小番一騎が妻の不倫相手、弁護士・和田正の下腹部を切断!
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする