シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚卸売会社社長・武藤美幸が増元晴彦さんを蹴った理由は息子が原因?

8月17日未明、

愛知県大府市朝日町で

部下のアルバイト男性に

蹴るなどの暴行を加え死なせたとして、

愛知県阿久比町の鮮魚卸売会社社長

武藤美幸容疑者(47)が

傷害の容疑で逮捕されました。

(発見時、被害者男性は意識不明の重体で

その後、病院で死亡が確認されました。)

この事件、その後の詳細内容は

発表されていませんが、

不自然な点がいくつかあり、

ネット上でも話題になっています。

そこで事件の内容と、

疑問点について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が起こったのは

愛知県大府市朝日町にある

JAあいち知多大府支店の駐車場

ストリートビュー

8月18日の午前4時前、

「車内で口論になり

蹴ったら意識呼吸がない」

と、女の声で119番通報がありました。

消防が駆け付けたところ、

止められた車の後部座席

愛知県知多市のアルバイト、

増元晴彦さん(23)が

倒れているのが発見されたが

意識不明の重体

すぐに病院に運ばれたが

約2時間後に死亡が確認されました。

警察が119番通報してきた女に

事情を確認したところ、

「普段の仕事の態度を注意した」

などと話し、

増元さんへの暴行を認めたため、

傷害容疑で逮捕しました。

逮捕されたのは

愛知県阿久比町の鮮魚卸売会社社長

武藤美幸容疑者(47)。

武藤美幸

暴行を受け死亡した増元晴彦さんは

アルバイトとして

武藤容疑者の会社で働いていました。

武藤容疑者は17日午後10時頃から

約6時間近くにわたり、

増元さんの勤務態度について

激しく注意を加えていたといいます。

しかし反省しない態度

武藤容疑者の逆鱗に触れ

頭部や顔面、

腹部などを十数回にわたり蹴ったと供述。

その後、18日の午前4時前頃

増元さんがぐったりし

呼吸をしていないことに気付いて

119番通報したということです。

なお、この車には

武藤容疑者の長男(年齢・職業未公開)

も、同乗しており、

警察ではこの長男からも

事情を聞くなど捜査が進められています。

逮捕時は増元さんに暴行を加え

武藤容疑者が認めたため

傷害の容疑でしたが、

増元さんが死亡したことにより、

今後は傷害致死容疑

切り替えられるものと見られます。

武藤美幸の人物像

47歳鮮魚卸売会社の社長

”男勝り”との評判はもちろんですが、

仕事熱心でテキパキと働き、

普段はとても気さくな人物だったようです。

武藤容疑者は3姉妹の末っ子で、

学生時代は剣道部に所属しており

当時はかなりきつい性格

評判だったようです。

父親も鮮魚店を営んでいたが

数年前に廃業。

武藤容疑者は約1年半前から

事件現場となった

JAあいち知多大府支店

駐車場に隣接する直売所の一角

鮮魚店を開業していました。

武藤容疑者の会社名については、

現時点では憶測しか出ていないため

ここでの掲載は控えさせていただきます。

また家族構成についても

明確にはなっておりませんが、

事件現場には長男が居合わせており、

被害者の増元さんと

同年代だということです。

旦那その他の家族については

詳しくわかっておりません。

いずれにしても、

ほとんどが男性という業界

男勝りの評判が上がっていたことから

それなりに威勢は良かったと思われます。

仕事柄、それなりに体力も

あったのでは?

と、思われます。

この事件の疑問点

①車内で暴行?

やはり第一にこの点が気になります。

武藤容疑者は、車の後部座席

増元さんを右足で数十回蹴ったことは

認めていますが、

果たしてそのような状況で

死に至らしめるような蹴りが

出せるものなのか?

増元さんは頭や顔の傷の他、

下腹部には内出血の跡も残されていました。

もしこの供述通りだとしたら、

武藤容疑者は車内で

半分立ち上がったような状態?

さらに増元さんをドア側に押し付けるように

蹴り続けた?

さらに増元さんは、

逃げることもせず

なされるがままに顔や頭、

腹を蹴りつ続けられた?

通常であれば、

痛みに耐えられず

自然と頭や顔を腕でかばい

丸まったような態勢をとるのでは?

そしてこれらのことが

車内で行われたということに

疑問が残ります。

②勤務態度だけではなく金銭トラブルもあった?

武藤容疑者は

「勤務態度を注意しても

反省しない態度に腹が立った」

と、供述する一方で、

金銭トラブルがあったことも

明らかになっています。

また、5~6時間の長時間にわたり

勤務態度について

注意していたということから、

もしかすると日常帝に

このようなことが行われていたのかも

しれません。

(これは警察でも視野に入れて

捜査が進められています)

つまり日常的に増元さんが

暴力を振るわれていたのだとしたら、

”ある程度、殴られて我慢すれば

開放してもらえる”

もしかすると増元さんにも

このような考えがあったのかもしれません。

(これは①での不自然さ、

腹を蹴られている

ということにも繋がってきます)

いずれにせよ、暴行の本来の理由は

”勤務態度”なのか?

”金銭トラブル”なのか?

”勤務態度”であるならば、

アルバイトである以上、

解雇して他を雇えば済む話では?

通常の社長であれば

そう考えるでしょう。

また、勤務態度に問題があったなら、

”減給”も考えられます。

相手が死ぬまで蹴るなどということは

たとえ頭に血が上っていたとしても

考えにくいことです。

③武藤容疑者の長男は見ていただけ?

やはりこの点が一番疑問に挙げられます。

そもそも長男は

何のためにその場にいたのか?

その理由が

死に至らしめるほどの暴行の

原因であるように思えてなりません。

ネット上では、

”2人で暴行した”

”長男が暴行して母親が身代わりに?”

などといった憶測も流れて

いるようです。

また、他の情報では

”武藤容疑者と長男、増元さんの3人は、

普段は仲が良かった”

との情報もあり、

真相が気になるところです。

事件を考察

現時点では犯行に至った

明確な動機は発表されていません。

また、事件時の状況を把握しているのは

武藤容疑者とその長男のみ。

つまりこの2人の供述が

全てとなってしまうのです。

しかしどんな事件でも真実は一つです。

武藤容疑者が真実を話し、

人を一人殺めたことを

心の底から償う日は来るのでしょうか?

武藤美幸容疑者に実刑判決

2016年2月19日、

この事件で殺人などの罪に問われた

武藤容疑者の判決公判が開かれ、

名古屋地裁は

『懲役3年、執行猶予5年』の

有罪判決を言い渡しました。

武藤容疑者は起訴内容を認めており、

・真摯に受け止め

遺族との間で示談が成立している

・犯行は執拗で危険だが、

できる限りの救命措置を行っている

などと言った理由から

このような裁きが下されることとなりました。

遺族との示談が成立していることから、

武藤容疑者が反省しているというのは

真実であると思われます。

判決内容をしっかり受け止め、

武藤容疑者が更生することを

信じたいと思いす。

スポンサーリンク
鮮魚卸売会社社長・武藤美幸が増元晴彦さんを蹴った理由は息子が原因?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする