シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

盗んだGT-Rでレース優勝 安木大輔被告の呆れた犯行と行動

盗んだGT-Rでレースに出場し優勝。

なんとも信じ難いニュースが

飛び込んできました。

大阪府四条畷署は9月2日、

窃盗容疑で大阪府交野市の

私立大学3年の男(20)ら3人を逮捕し、

3件の犯行を裏付けて捜査を終えたことを

発表しました。

スポンサーリンク

事件の概要

今回の一連の事件で逮捕、起訴されたのは、

・大阪府交野市倉治の私立大学3年生

安木大輔被告(20)

・大阪府大東市の無職

吉井風雅被告(21)

・会社員

為下海夢被告(21)

今年の2月から4月にかけて、

大阪市内や神戸市内などで

高級スポーツカー2台を盗んだとして、

窃盗の罪で逮捕・起訴されました。

被害総額は2700万円になります。

2月の犯行

今年の2月下旬、大阪市住之江区

自動車販売会社の営業所から、

外国製高級車、

”BMW M4”(1100万円相当)を盗み出した。

参考画像

BMW M4

出展:http://www.tcbmw.com/bmw-m4-drifting-wallpapers/

4月の犯行

今年の4月の中旬ごろ、神戸市中央区

自動車会社物流センターから

国産高級車、

”NISSAN GT-R”(1600万円相当)を盗み出した。

参考画像

Nissan_GT-R_GT3

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/Nissan_GT-R

いずれの犯行も夜間に忍び込み、

車両につけたあったカギを使用し、

そのまま運転して逃走したようです。

盗んだGT-Rでレースに出場!さらに優勝!

安木被告は4月に盗んだGT-R

母親の車のナンバープレートを付け、

同4月に兵庫県内のサーキット場で行われた

レースに出場。

さらにそのレースで優勝し、

サーキットのホームページに

画像もアップされていました。

レースで実際に使われた盗難車両

GTR

レース後の表彰台の様子

安木大輔

このレースが行われたのは

兵庫県のセントラルサーキット

出場していたのレースは、

セントラルラジアルチャレンジ 2015

4月19日に開催されていました。

事件を考察

逮捕された3人は

犯行の動機について

以下のような供述をしています。

「レース仕様の車が好きだった」

「高級車に乗りたかった」

「レースに出たかった」

「スポーツカーで走りたかった」

モータースポーツに憧れる若者は

当然ながらこういった夢を描き、

欲望も生まれてくるでしょう。

普通ならそのために働き、

努力して手に入れようとするものですが、

安木被告らは、少し違った方向

暴走してしまったようです。

たとえ高性能盗難車両であったとしても、

草レースであったとしても、

一般の素人がなかなか表彰台

上がれたものではないでしょう。

それだけに非常に残念なニュースです。

レースでは優勝できても、

人生においては

コースアウトしてしまったようです。

スポンサーリンク
盗んだGT-Rでレース優勝 安木大輔被告の呆れた犯行と行動
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする