シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県伊勢市 波田泉有さんと犯人の関係

9月28日の午後9時40分頃、

三重県伊勢市尾上町の虎尾山

「人が倒れていて、心臓マッサージをしている」

という119番通報がありました。

消防が駆け付けたところ、

虎尾山の記念碑付近で

女性が血を流して倒れており、

その場で死亡が確認されました。

亡くなったのは、

松坂市に住む高校3年生の波田泉有(はだ みう)さん(18)。波田泉有

この事件では、

直後に現場に居合わせた

18歳の少年が逮捕されています。

しかし、人間関係や事件が起こった経緯が

少し複雑なようなので、

整理しながら考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が発覚したのは、

9月28日の午後9時40分頃。

「胸から出血した人が倒れている。

心臓マッサージをしている」

と、男性の声で119番通報がありました。

現場は三重県伊勢市尾上町(おのえちょう)

虎尾山(とらおやま)記念碑の南側。

波田さんは仰向けの状態で倒れており、

ブラウスとベスト、スカートという

高校の制服姿で

着衣に乱れはありませんでした。

しかし、左胸の辺りには

刃物で刺したような傷があり、

近くには血の付いた刃渡り約20㎝の

包丁が落ちていました。

消防が駆け付けた時、

現場には友人や近親者ら9人が集まっており、

現場に居合わせた同級生の男子生徒(18)が、

殺人容疑で逮捕されました。

逮捕された男子生徒は、

「殺してと頼まれた。

私がしたことに間違いない」

と、波田さんを殺害したことを認めています。

波田泉有さんには自殺願望があった

この事件で重要なのは、

逮捕された同級生の男子生徒が、

「殺してと頼まれた」

と、話していることです。

このことを裏付けるかのように、

波田さんの遺体には

左胸に深さ約15㎝の刺し傷が1か所。

それ以外に目立った傷はなく、

抵抗したような跡も見当たりませんでした。

また、波田さんには以前から

『自殺願望』があり、

周囲に『18歳までに死にたい』と、

漏らしていたこともわかりました。

2014年には逮捕された少年と

川に飛び込もうとして止められたことがあり、

2015年7月1日には、

この少年と共に行方不明になり、

4日後に警察に保護されました。

この時、友人が波田さんの安否を気遣い

必死に捜索する様子を

インスタグラムに投稿していました。

インスタ

また、波田さんが警察に保護された後には、

波田さんの姉がその時の心境を

自身のFacebookに投稿していました。

Yuuna

特にこの時は、

『7月2日は波田さんの18歳の誕生日』

ということで、かなり心配されたようですが、

何事もなく発見され、保護されていました。

このような騒動が相次ぎ、

様子を見守っている矢先に

悲劇が起こってしまったのです。

波田泉有さんと犯人の男子生徒の関係

通報を受けて警察が現場に駆け付けた時、

波田さんの周囲には友人や近親者など

9人が現場に居合わせていました。

・波田さんの交際相手の男子生徒

・男子生徒2人

・女子生徒1人

・逮捕された男子生徒

・逮捕された男子生徒の母親(40代)

・この母親の知人

・波田さんの母親(58)

・波田さんの母親の知人

消防に119番通報したのは、

波田さんの交際相手の男子生徒。

この日、波田さんはいつも通りに登校したが、

午後4時頃に下校した後、

連絡が取れなくなっていました。

そのため家族や友人が捜索していたところへ

犯人の男子生徒からLINEで連絡が入り、

この場所に集められたのです。

波田さんは交際相手がいながら、

度々、犯人の男子生徒と共に、

『駆け落ち?』

とも取れるような行動を繰り返していました。

また、周囲の人の証言によれば、

波田さんと犯人の男子生徒は

日ごろから行動を共にすることが多く、

波田さんは男子生徒のことを

『悩みを聞いてもらえる親友』

と、周囲に話していたようです。

事件を考察

以上のように情報を集めてみると、

波田さんには交際相手がおり、

犯人の男子生徒とは

『親友関係』にあったようです。

『恋愛と友情は別』

このような言葉が

当てはまる関係なのかもしれません。

しかしこの関係は、

間違った方向へ進んでしまい、

『殺人』という『犯罪』

生み出す結果となってしまいました。

犯人の男子生徒は、

『波田さんの望み』

叶えてあげたかったのかもしれません。

しかしそれが人として、

望むべき方向だったとは

どうしても思えません。

本当の親友ならば、

将来を共に見つめようとはできなかったのか?

『救う』ということの本当の意味を、

もう少し深く考えて欲しかった。

そう思うと残念でならない事件です。

『命を奪う』

ということは、どんな理由があれ

『犯罪』

なのです。

事件現場

虎尾山 明治聖代戦役記念碑 (ニャロメの塔)

ニャロメの塔

スポンサーリンク
三重県伊勢市 波田泉有さんと犯人の関係
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする