シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『辰吉2世』大坂帝拳ジムの京口竜人が逮捕される!

10月8日、男性会社員の顔を殴ったという

傷害容疑でプロボクサーの25歳の男が、

大阪府警貝塚署に逮捕されました。

逮捕されたのは

大阪府和泉市伯太町(はかたちょう)2

プロボクサー・京口竜人容疑者(25)。

京口容疑者は大阪帝拳ジムに所属しており、

元世界バンタム級王者・辰吉丈一郎さんを

ほうふつとさせる戦いぶりから、

『辰吉2世』とも呼ばれていました。

『プロボクサーが一般人を殴る』

というのは、一歩間違えれば、

取り返しのつかない事態になってしまいます。

この事件の内容について

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が起こったのは

2015年の8月16日午後3時半頃。

場所は大阪府貝塚市澤の

『府営二色の浜公園」

京口容疑者は友人ら数人と共に

バーベキューをしていたところ、

隣のグループの20代の男性

「目が合った」

「何見とるねん」と因縁をつけ、

男性の下あごを拳で数回殴り

骨折のけがを負わせました。

男性の友人らが警察に通報し、

警察官が駆け付けた時には

京口容疑者らのグループは逃げた後でした。

しかし男性の友人らが後日、

インターネット上に掲載された

京口容疑者の画像を見つけ警察に通報。

これにより事件への関与が発覚しました。

被害男性と京口容疑者に面識はなく、

京口容疑者は警察の取り調べに対して

「イライラしていた」

「殴ったことに間違いない」

などと供述し、容疑を認めています。

『辰吉2世』・京口竜人

京口竜人1

京口竜人2

京口竜人3

(出展:大阪帝拳ジム

大阪帝拳ジムの『選手紹介』によれば、

京口竜人 【きょうぐち りゅうと】

1990年9月18日生まれ

2011年 西日本新人王(MVP)

2011年 西軍新人王(MVP)

2011年 全日本新人王(敢闘賞)

戦績 13勝1敗1分9KO。

となっています。

その戦いぶりから

『辰吉2世』と呼ばれていますが、

辰吉丈一郎さんの

息子さんではありませんし、

親族でもありません。

(念のため)

大阪帝拳ジムによれば、

一時は日本フェザー級10位

ランキングされていたが、

今年4月の試合に敗れて以降は

ジムに姿を見せていなかったといいます。

ブログFacebook

ここ数年、更新されていないようです。

事件を考察

やはりプロボクサーが

一般人に手を出してしまえば、

それはかなりの危険が伴います。

以前、小番一騎(こつがい いっき)容疑者(24)が

事件を起こしましたが、

この時も相手の男性弁護士は、

顔を殴られ意識が朦朧としたところへ

更なる被害を受けていました。

京口容疑者は事件を起こした動機について

「イライラしていた」

と供述しており、

今年4月の敗戦以来、

ジムには姿を見せていなかったといいます。

戦績を見てみると

『13勝1敗1分9KO』で、

唯一の『1敗』

今年4月の試合ということになります。

これまでの戦績が良かったために、

たった一度の敗北が

京口容疑者にとっては

重要なことだったのでしょうか?

『日本フェザー級10位』にランキングされ、

『辰吉2世』と呼ばれていただけに、

今回の事件が残念でなりません。

スポンサーリンク
『辰吉2世』大坂帝拳ジムの京口竜人が逮捕される!
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする