シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乱交パーティーを主催した坪内駿一はどこの都立中学校教諭?学校名は公表すべき?

10月21日、神奈川県警少年捜査課は

東京都内のホテルで女子高生を参加させた

乱交パーティーを開いたとして、

児童福祉法違反売春防止法違反などの容疑で

都立中学校教諭の男

無職の男を逮捕しました。

またこの2人から紹介を受け

女子高生とわいせつな行為をしたとして

山梨大医学部に通う男子大学生(27)

児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで

書類送検しました。

現役の中学校教諭が逮捕されたということで、

『この教諭が勤める中学校はどこ?』

ということに注目が集まっているようです。

スポンサーリンク

事件の概要

今回の事件で逮捕されたのは、

・坪内駿一容疑者(27)

東京都板橋区坂下・都立中学校教諭

・冨山肇容疑者(54)

横浜市南区南吉田町・無職

逮捕容疑は2013年の9月26日

東京都内の高級ホテルで開催した

乱交パーティーに、

横浜市金沢区に住む当時16歳の

私立高校1年の女子生徒を参加させ、

山梨大医学部に通う男子大学生(27)

わいせつな行為をさせたというもの。

さらに冨山容疑者は

翌月にも別の女子生徒(16)を参加させ、

同じ男子大学生にみだらな行為を

させたとしています。

坪内容疑者と冨山容疑者は

共謀して乱交パーティーを主催しており、

冨山容疑者がインターネットの

アダルトサイトの掲示板で

パーティー開催を告知

坪内容疑者はホテルの手配などを

行っていました。

乱交パーティーの常連客は

関東を中心に約100人ほどおり、

2011年4月~2015年4月にかけて

約240回(月に4,5回)開催されていました。

男性参加者には

1万円~1万3,000円を徴収し、

女子高生には報酬として

2万円~8万円を渡していたということです。

逮捕容疑となった2013年9月26日

乱交パーティーでは男女36人が参加、

書類送検された男子学生は

参加費用1万3,000円を払い、

女子生徒には報酬として

8万円を渡していました。

坪内駿一容疑者はどこの中学校教諭?

今回の事件で注目を集めているのが、

坪内駿一容疑者(27)

現役の都立中学校教諭ということで

社会に与える影響も図りしれません。

その為かやはり世間で気になるのは

『坪内容疑者が勤める中学校はどこ?』

現在、ネット上で噂されているのは

都立中学校ということで、

・武蔵高等学校附属中学校

・両国高等学校附属中学校

・富士高等学校附属中学校

・白鳳高等学校附属中学校

・大泉高等学校附属中学校

・小石川中等教育学校

・桜修館中等教育学校

・南多摩中等教育学校

・立川国際中等教育学

・三鷹中等教育学校

が、挙げられています。

また、こちら

坪内駿一の名前があることから、

『順天堂大学出身?』

との噂もありますが、

確定情報ではありません

学校名特定は必要か?

これについては

簡単に決められる問題ではありませんが、

ここでは私個人の意見

述べたいと思います。

ここ近年の教職者や公務員の

犯罪の頻発ぶりを見ていると、

今回の学校名の特定も含め、

顔写真の公開も必要なのかもしれません。

かつて『飲酒運転』を減らすために

罰則が強化されたように、

望ましくはありませんが

罪を犯した者への罰則は

強化せざるを得ない

そんな社会になりつつあるのかもしれません。

坪内容疑者のしたことは

れっきとした犯罪であり、

彼が勤める中学校の生徒、保護者、

同僚、そして家族や友人。

数えきれないほど多くの人たちの

信頼を裏切る行為なのです

今の社会で、

犯罪が減らない世の中で

少しでも減らしていく手立ては、

『罪を犯すとこうなる』

という

『見せしめ』しかないのでしょうか?

スポンサーリンク
乱交パーティーを主催した坪内駿一はどこの都立中学校教諭?学校名は公表すべき?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする