シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久留米市立北野中学校で『ぼや』禁煙の校内で教員が喫煙

10月23日、

福岡県久留米市教育委員会は

久留米市立北野中学校で22日の夜に

教員の喫煙に起因する『ぼや』

あったことを発表しました。

久留米市教育委員会は

10年前から久留米市内の学校敷地内

全面禁煙としていますが、

北野中学校では

校長(58)と教頭(52)を含め

4人の教員が常習的に

喫煙していたといいます。

また久留米市教育委員会の

今月の調査では

その他の校内喫煙も発覚しており、

改善を指導している最中の不祥事でした。

スポンサーリンク

事件を伝える記事

福岡県久留米市教育委員会は23日、

市立北野中で22日夜に

教員の喫煙に起因するとみられる

ぼやがあったと発表した。

市教委は10年前から

市内の学校敷地内を全面禁煙としているが、

同中では校長(58)と教頭(52)を含め

計4人の教員が常習的に喫煙していた。

市教委によると22日午後8時25分ごろ、

校舎2階の男性教員用更衣室でぼやがあり、

ごみ箱とモップ、壁の一部を焼いた。

火災報知機で気付いた

残業中の教員3人が消火し、

けが人はなかった。

警察と消防の調べで、

ごみ箱のたばこの吸い殻が火元と判明した。

同校によると、

更衣室では出火直前の22日夕方に

教頭と50代の教員が喫煙。

空き缶に吸い殻を入れており、

それを管理人がごみ箱に入れ

出火したらしい。

市教委の今月の調査では、

66の市立学校のうち

15校で教員が校内喫煙をしており、

同中の校長ら4人も含まれていた。

市教委は改めて改善を

指導しているところだった。

同校の大熊彰校長は取材に対し

「ルールは知っていたが認識が甘かった。

火事を知ってから禁煙した。

他の3人にも指導する」と陳謝。

市教委の窪田俊哉教育部長は記者会見で

「言語道断。厳しく対処したい」と述べた。

(引用元:毎日新聞)

事件を考察

またしても発覚した教職者による不祥事

今回の事件では、

実際に『ぼや』を起こした人物に

問題があるように思われるが、

実はそうではありません。

報道の中で気になる部分、

『同中では校長(58)と教頭(52)を含め

計4人の教員が常習的に喫煙していた』

『市教委の今月の調査では、

66の市立学校のうち

15校で教員が校内喫煙をしており、

同中の校長ら4人も含まれていた』

今回『ぼや騒動』を起こした北野中学校では

4人の教員規則を破っており

15校で校内喫煙が発覚しています。

仮に1校当たり3人として45人

4人だとすれば

実に60人もの教員が

規則を破っていたことになるのです。

これがもし生徒ならば、

『校則違反』として

厳しく罰せられることでしょう。

また、最後の一文、

『同校の大熊彰校長は取材に対し

「ルールは知っていたが認識が甘かった。

火事を知ってから禁煙した。

他の3人にも指導する」と陳謝。』

繰り返しになりますが、

『ぼやを起こしたことが問題なのではなく、

校内で喫煙するという

違反行為が問題なのです』

北野中学校大熊彰校長

このことを理解しているのでしょうか?

不祥事を起こしてから禁煙しているようでは

生徒に合わせる顔がありませんね。

参考

久留米市立北野中学校

ストリートビュー

スポンサーリンク
久留米市立北野中学校で『ぼや』禁煙の校内で教員が喫煙
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする