シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌舞伎町で恐喝事件 下谷内雪江容疑者(30)が現れた!

東京都新宿区歌舞伎町で、

レンタルルームでの買春を利用した

『ぼったくり被害』が多発しています。

そんな状況の中、11月4日、

歌舞伎町のレンタルルームで男性客から

『キャンセル料』と称し

現金5万円を脅し取ったとして、

中野区東中野の無職、

下谷内雪江(しもやうち ゆきえ)容疑者(30)が

逮捕されました。

事件の発表後すぐに

下谷内容疑者の画像が

ニュースやネット上で公開され、

何かと話題になっています。

スポンサーリンク

事件の概要

逮捕容疑の恐喝事件は9月27日に起きました。

9月27日の午前2時ごろ、会社員男性(24)

路上で客引きの男性に29,000円を支払い、

レンタルルームでの買春を斡旋してもらいました。

男性がレンタルルームに着くと、

そこでルームの使用料4,000円を払わされました。

しかしレンタルルーム

『ラブリースポット24』に現れたのは、

客引きの男性に見せられた写真の女性とは

似ても似つかない人物

それが下谷内雪江容疑者(30)だったのです。

下谷内雪江1

下谷内容疑者が男性に告げたのは

以下の通り。

・基本コースは65,000円

・VIPコースは100,000円

・チェンジの場合は

キャンセル料として50,000円

結局、男性はキャンセルを申し出たが

現金を持ち合わせていませんでした。

すると下谷内容疑者は

「ATMでお金をおろすまで

あんたの携帯は預かるから」

などと脅し、

男性にお金をおろさせ

現金50,000円を脅し取ったということです。

下谷内容疑者は

「覚えていない」

などと容疑を否認しています。

また、被害に遭った男性会社員は

客引きの男から追加料金については

知らされていなかったということです。

事件を考察

ネット上では

実に様々な意見が飛び交っています。

下谷内雪江3

下谷内雪江2

これは最初から

『キャンセル料』を受け取るための

作戦だったのでしょうか?

歌舞伎町では料金を二重に取ろうとする、

レンタルルームでのぼったくり被害

相談が相次いでおり、

今年の1月~9月までに450件

約2,500万円分が確認されています。

このうち、今回の事件現場にもなった

『ラブリースポット24』では

110件600万円分の被害が発生しています。

客がキャンセルを選ぶ

もしくは客がシャワーを浴びている間に

女性がいなくなるという手口だったため、

実際にサービスを受けた客は

いなかったといいます。

キャンセルの数だけ

下谷内容疑者が出現したということでしょうか?

ある意味、巧妙に仕組まれた作戦ですが

さすがにインパクトありすぎですね。

警視庁は警戒を強めるとともに

注意を呼び掛けています。

スポンサーリンク
歌舞伎町で恐喝事件 下谷内雪江容疑者(30)が現れた!
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする