シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉で警察官・小野寺毅が逮捕されるが顔写真は公開されず

ここ近年、警察官の不祥事

後を絶たないと同時に、

年々、増加しているような印象さえ

受けてしまいます。

そんな中、今度は埼玉県で

警察官の不祥事が発覚しました。

しかも今回の事件は、

その内容に、少し耳を疑ってしまいました。

35歳の現職の警察官が

女子高生をホテルに誘い込み強姦、

・わいせつ目的誘拐

・監禁

・強姦致傷

の3つの容疑で逮捕されたのです。

今回はこの事件について

考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

小野寺毅容疑者が犯罪を犯したのは

5月30日の午後6時15分ごろ。

埼玉県富士見市の市道で、

県内に住む女子高生に声をかけました。

「私は盗撮を防止するための

仕事をしている。

協力しないと

あなたの個人情報が流出する」

その際、小野寺容疑者は、

女性の下半身が映った携帯電話の画像を、

女子高生に見せたといいます。

そしてその後、

女子高生を富士見市内のホテルへ

連れ込んでしまったのです。

しかしホテルへ入ると、

小野寺容疑者の態度は急変。

カッターナイフを顔に突き付け、

「抵抗したら殺す」

と言って、女子高生を脅し、

抵抗できない状態にして

暴行を加えました。

これにより暴行を受けた女子高生は

全治1週間のけがを負いました。

暴行を受けた同日、

女子高生と両親が東入間署の交番に

被害届を提出。

現場周辺の防犯カメラの映像などから

小野寺容疑者が浮上、

逮捕に至りました。

小野寺毅容疑者(35)の人物像

犯罪の内容が内容だけに、

小野寺容疑者の詳細情報は

ほとんど公開されていません。

その為、現在判明している情報を元に、

小野寺毅という人物について

見ていきたいと思います。

氏名:小野寺毅(おのでら たけし)

年齢:35歳

住所:埼玉県三芳町藤久保

職業:警察官

勤務地:千住署

階級:巡査部長

小野寺容疑者は平成15年に

警視庁に採用され、

現在は千住警察署地域課

所属しており、階級は巡査部長

警察官の階級は、上から

警視総監、警視監、警視長、警視正、

警視、警部、警部補、巡査部長、巡査、

と分類されていています。

警察官任命当初は

一般的に巡査を命じられ、

平均2~6年務めると

昇任試験受験資格を得ることができます。

そしてこの試験に合格すると、

巡査部長に昇進することができます。

小野寺容疑者は勤続12年になります。

巡査部長への昇進時期は

明らかにされていませんが、

特にエリートとは言えないようです。

また、35歳という年齢から、

明らかにはなっていませんが

結婚している可能性もあるでしょう。

小野寺容疑者は

私服姿だったことや犯行時間などから、

勤務終了後の帰宅途中

犯行に及んだと見られています。

しかし、携帯電話に

女性の下半身が映った画像を

用意していたことや、

女子高生についた嘘などを見てみると、

計画的犯行であったことは

間違いないと思われます。

ただ、被害に遭った女子高生が

不運だったのは、

『小野寺容疑者の好みのタイプ』

であったこと。

小野寺容疑者は取り調べに対し、

「タイプの子だったのでしたくなった」

と供述しています。

事件を考察

現時点で、小野寺容疑者の顔写真

公表されていません。

もちろんこれは、

今後の容疑者の更生に配慮しての

措置だと思われますが、

果たしてこれが正しいのか?

疑問が残るところです。

あらゆる犯罪の中で、

特に性犯罪は再犯率が高い

言われています。

これは最近に限ったことではなく、

かなり以前から問題視されていることです。

海外では、これらに対処するために

あえて顔写真を公表している国も

あるようです。

しかし、日本では

いまだこれらに対し、

何の対策もされていないのが現状です。

小野寺容疑者は

警察官としての人生は終わりましたが、

数年後には社会に出てきます。

つまりこれは、

自分たちの身近に

犯罪を犯す可能性の高い人間が

何食わぬ顔で生活している

ということなのです。

被害に遭った女子高生は、

『犯罪者のタイプの女性だった』

というだけで、

心に一生消えない傷

刻まれてしまったのです。

現状の社会の状況では

このような悲劇が繰り返されるどころか、

欲望を抑えきれない人間の増加によって、

ますます増えていくことでしょう。

せめて警察官だけでも、

理性を保っていてほしいものです。

スポンサーリンク
埼玉で警察官・小野寺毅が逮捕されるが顔写真は公開されず
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする