シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

堺市立平井中学校の教師、富松稔の人物像

またしても教師による不祥事

発覚してしまいました。

大阪府堺市で、

女性に乱暴しようとして

けがを負わせたとして、

40歳の中学校教師が逮捕されました。

逮捕容疑は強姦強盗未遂

強盗致傷

逮捕された40歳の男は

容疑を認めているようですが、

現役の中学校教師ということで

生徒たちの間にも衝撃が走っています。

教師という立場にありながら、

今回、このような愚かな犯罪

犯してしまったのは、

大阪府和泉市

富松稔(とみまつ みのる)容疑者(40)。

Facebookや報道の内容から、

富松稔容疑者の人物像について

考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

逮捕容疑となった事件が起きたのは、

9月18日午前0時40分ごろ。

堺市南区の路上で、

徒歩で帰宅途中だった20代の女性

背後から突き飛ばされました。

女性を突き飛ばした男は

さらに女性に乱暴しようとし、

下着を奪い取ってしまいました。

現時点で詳細は

明らかになっていませんが、

乱暴は未遂に終わりましたが

突き飛ばされたことにより、

女性は両手などに軽傷を負って

しまいました。

この犯行を行ったのが、

堺市立平井中学校教師

富松稔容疑者(40)。

富松容疑者は容疑を認めた上で、

「当時、酒を飲んでいた。

細かい状況は思い出せない」

などと、供述しています。

余罪もあった!

今回の事件が起こった

現場の近くでは、

10月18日にも同様の事件が起こり、

別の20代の女性

両膝打撲などの軽傷を負っており、

この事件に関しても

富松容疑者は、関与をほのめかす

供述をしています。

逮捕の決め手

近年、事件解決のきっかけとして、

『防犯カメラの映像』

決め手となるケースが増えていますが、

今回の事件でも

富松容疑者の関与が浮上したのは、

『防犯カメラ』の映像でした。

事件現場付近に設置された

防犯カメラに、

富松容疑者の車が映っており、

富松容疑者の姿

確認されていたということです。

富松稔容疑者の人物像

今回の事件で逮捕された富松容疑者は、

大阪府堺市立平井中学校の現役教師で

1年生の学年主任も務めていました。

また、担当科目は音楽だったようです。

富松容疑者はFacebook

利用しており、

そこには子供の写真も投稿されています。

富松稔FB2

また、Facebookの経歴は、

以下のようになっています。

富松稔FB1

これによると、

出身地:堺市

高校:大阪府立金岡高等学校

大学:大阪芸術大学

現在の勤務地:堺市立平井中学校

居住地:和泉市

ということで、

地元で生まれ育ち、

そのまま教師となり

就職していたようです。

また、この事件を受けて、

平井中学校の生徒や関係者と

思われるツイッターの投稿も多数見られ、

それによれば、

『おもろかった』

『音楽の授業おもろかった』

『校長は飲酒運転で

ガードレール潰して捕まるし!』

『トミーおもろかったのに何で?』

などといったものが見られました。

事件を考察

今回、非常に愚かな犯罪を

犯してしまった富松容疑者ですが、

上記のツイッターの

情報などを見てみると、

生徒の間での評判は

悪くはなかったようです。

生徒たちからは

『トミー』愛称で呼ばれ、

授業も楽しかったとの声が

多数、見られます。

しかし人間というのは、

非常に多くの側面

併せ持っているものです。

今回、富松容疑者が犯した犯罪も、

彼自身が隠し持っていた

本性の一部だったのでしょう。

ただ、人間が欲望のままに、

理性を抑えずに行動すれば、

社会は大変なことになってしまいます。

大抵の人々はそのことを理解し、

例え様々な欲望があったとしても、

それを理性で抑え込んでいるものです。

もちろんその中には、

自身の社会的立場

大きく影響するでしょう。

しかし、この学校では、

校長も飲酒運転で捕まったという

情報もあり、

富松容疑者も犯行当時、

車が防犯カメラに映っていながら

酒を飲んでいたと供述しています。

富松容疑者の犯行は、

本人だけの問題だけではなく、

こういった周りの風潮

影響したのかもしれません。

残念なのは、

Facebookに映っている

何の罪もない子供達。

父親は『犯罪者』となってしまったのです。

スポンサーリンク
堺市立平井中学校の教師、富松稔の人物像
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする