シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大平武紀さんを殴り死亡させた島崎翼容疑者

12月13日の深夜、

京都市内の繁華街で

若い男性グループ同士

乱闘騒ぎがありました。

この騒ぎで22歳の男性

意識不明の重体となり

病院に運ばれましたが、

18日、入院先の病院で

還らぬ人となってしまいました。

乱闘騒ぎが起こってしまったのは、

ちょうど週末の深夜

若者同士のいざこざは

繁華街では珍しくありませんが、

それが一変して殺人事件へと

なってしまいました。

この事件について

考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が起こったのは、

12月13日の深夜、午前1時50分ごろ。

京都市中央区大国町

通称『木屋町通り』

2つの男性グループ、

総勢10人ほどで乱闘騒ぎが起きました。

騒動のきっかけはほんの些細な事

『目が合った』

血気盛んな若者が、

相手にいいがかりをつけるには

十分な理由なのかもしれません。

この乱闘騒ぎを目撃した

通行人が110番通報。

「グループ同士がもめていて、

1人が倒れている」

警察が駆け付けたところ、

22歳の男性仰向けで倒れていて

意識不明の状態でした。

22歳の男性は

すぐに病院に運ばれましたが、

意識不明の重体

そして18日、

搬送先の病院で

亡くなってしまいました。

これにより、

当初は傷害事件だったものが、

殺人事件へと発展してしまいました。

加害者と被害者

この事件で被害者

なってしまったのは、

大津市に住む追手門学院大学4年生

大平武紀さん(20)。

そして加害者

京都府長岡京市長岡とび職

島崎翼容疑者(21)。

この事件は約10人での

乱闘騒ぎでしたが、

殺人事件となったことで、

当事者である2人の名前が

報道されることになりました。

島崎翼容疑者の人物像

『とび職の21歳』

ということですから、

どちらかと言えば

『おとなしいタイプ』では

ないでしょう。

調べてみたところ、

島崎容疑者も近年の例にもれず、

SNSを利用していました。

島崎翼Facebook

島崎翼フェイスブック

島崎翼Twitter

島崎翼ツイッター

これを見る限り、

やはり、かなり『やんちゃ』

な部類に入るでしょう。

しかし気になるのは、その内容。

Facebook最終投稿日

2014年11月20日。

Twitterは2015年3月9日。

そしてどちらのSNSにも、

2014年11月の時点で

彼女と思われる人物が確認できます。

そしてその彼女の

Facebookを見てみると、

2015年の夏ごろに、

赤ちゃんが生まれているのです。

この赤ちゃんについて、

双方のFacebook

詳しい内容は記載されていませんが、

島崎容疑者との間にできた

子供である可能性は、

非常に高いと思われます。

被害者・大平武紀さん

今回の事件で、

意識不明の重体からの回復が

期待されていましたが、

残念ながら命を落としてしまった

追手門学院大学4年生大平武紀さん。

彼もまた、Facebook

利用していました。

そしてその投稿内容

画像等を見ていると、

それなりに

『元気な若者』

だったのかもしれません。

事件を考察

今回の事件は、

『島崎容疑者が大平さんを殴り、

くも膜下出血で死亡させた』

ということと、

『島崎容疑者が「目が合った」と

いいがかりをつけたことがきっかけ』

という、2点に注目が集まっています。

しかし明らかにされていない、

気になる点もいくつかあります。

10人ほどの乱闘騒ぎであったため、

島崎容疑者が大平さんに

一方的に暴力を加えたとは

考えにくいでしょう。

また、どれほどの被害を

与えたのかも、

現時点では不明です。

例えば執拗に暴行を加えたのか?

それとも、当たり所が悪かったのか?

ただ、はっきりしているのは、

『ケンカを売られた』

↓   ↓

『ケンカを買った』

↓   ↓

『乱闘騒ぎになった』

↓   ↓

『尊い若い命が奪われた』

↓   ↓

『1人の若者が犯罪者になった』

という事実。

12月13日の深夜に

偶然出くわしたことが、

悲劇を呼んでしまいましたが、

深夜の繁華街を徘徊している時点で

『危険と隣り合わせであった』

とも言えるでしょう。

事件の真相

事件から4か月が経とうというある日、

私の元に一通のメールが届きました。

それは被害者である、

大平武紀さんの知人からのものでした。

そこで私は、

事件の真相を詳しく知ることができました。

その内容をまとめてみると、

  • 騒動のきっかけは、大平さんが
    島崎容疑者から『目が合った』
    因縁をつけられたことに
    よるものであった
  • 大平さんは一切手をだしておらず、
    不意をつかれるような形で
    数回にわたり殴られていた

というのが、この事件の真相です。

つまり大平さんは

一方的に因縁をつけられ

一方的に殴られ

その命を落としてしまったのです。

ここに上記の記事の内容を

訂正させていただくと共に、

事件の真相として

追記させていただきます。

また、この件に関し、

こちらの記事でご報告させていただきます。

大平武紀さんと島崎翼容疑者の素顔

スポンサーリンク
大平武紀さんを殴り死亡させた島崎翼容疑者
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする