シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長山李穂さんを誘拐した波川智央とは?

三重県御浜町で11月18日の朝、

通学途中の防犯カメラに

映ったのを最後に

行方が分からなくなっていた、

御浜中学校2年生

長山李穂(ながやまりお)さん(14)。

12月13日に警察が

公開捜査に乗り出し、

その安否が

気遣われていましたが、

12月22日無事に発見され

保護されました

しかしその発見された

場所というのが、

行方不明現場から

直線距離で約240㎞も離れた

高知市内の一軒家でした。

そしてその家の家主、

自称会社役員

波川智央(なみかわ ともひさ)容疑者(33)が

未成年者誘拐容疑逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

長山李穂さんが行方不明に

長山李穂さんが

行方不明になったのは、

11月18日の午前7時過ぎ

登校するために家を出たが

その日の夕方、

帰宅が遅いことを心配した母親が

学校に連絡したところ、

登校していなかったことが発覚。

通学途中にあるパチンコ店の

防犯カメラに姿が映っていたのを最後に

行方が分からなくなっていました。

長山李穂さん行方不明事件の詳細は

こちらの記事で。

御浜中学校2年生

長山李穂さんが行方不明になった場所

高知市内で発見される

その後の12月13日に、

ご家族の要望もあり

警察は顔写真を公開して

公開捜査に乗り出しました。

その後の警察の捜査で、

長山さんが投稿したとみられる

サイトの書き込みが発見され、

そのやり取りの内容から

高知市南金田

波川知央(なみかわ ともひさ)容疑者(33)

の存在が浮上。

12月22日午前9時過ぎ

波川容疑者の自宅3階の

台所にいるところを、

捜査員に発見され保護されました。

発見時は灰色のパーカー

紺色のジャージ姿で、

行方不明時とは上下とも

違う服を着用しており、

衰弱している様子や

ケガもありませんでした。

また、捜査員が名前を呼ぶと、

「はい」と答えたということです。

自称会社役員 波川智央容疑者(33)

未成年者誘拐容疑で逮捕されたのは、

高知市南金田

自称会社役員・波川智央容疑者(33)。

長山さんと波川容疑者は

インターネットを通じて知り合い、

長山さんに家出をするように誘い

誘拐した疑いが持たれています。

取り調べに対し波川容疑者は、

自宅に連れ去ったことは

認めているものの、

逮捕容疑に関しては

「同意の上だった」

として、容疑を否認しています。

波川智央容疑者の人物像

波川容疑者は

数年前に妻と離婚し、

高知市南金田で4歳の次男と

2人で暮らしていました。

現時点ではFacebookや

Twitterの情報はありませんが、

ネット上では

気になる情報がいくつか

発見されています。

1.株式会社アプライ

住所:高知県南金田8番20号

代表者:波川智央

免許番号:高知県知事免許(01)第002835号

所属団体名:全日本不動産協会所属

保証協会:不動産保証協会

こちらの住所のストリートビュー

そして報道された波川容疑者の自宅

波川の自宅

完全に一致しており、

自宅住所を株式会社アプライとして

登記していたようです。

2.公職選挙法違反で逮捕

高知県警高知署は11日、

他人になりすまして

衆院選で投票したとして、

高知市内の無職少年(19)を

公職選挙法違反(詐偽投票)容疑で、

この少年に自分の投票所入場券を

渡したとして、

同県中村市大橋通、無職、

波川智央容疑者(21)を同容疑で逮捕した。

調べでは、少年は受け取った

入場券を使って9日、

高知市内の投票所で、

小選挙区の高知1区と

比例代表の投票をした疑い。

波川容疑者は今年9月まで

高知市に住んでいた。

これは2003年11月12日

毎日新聞が報じた内容です。

ここには波川容疑者の名前が

記載されており、

12年前に『21歳』

現在『33歳』であることから

年齢も一致しています。

3.愛知商事

貸金業の規制等に関する法律

(昭和58年法律第32号)

第37条第1項の規定により

貸金業者の登録を取り消したので、

同法第41条の規定により次のとおり公告する。

平成18年7月7日

高知県知事橋本大二郎

商号又は名称:愛和商事

氏名:波川智央

主たる営業所等の所在地:

四万十市中村大橋通七丁目8番18号八反ビル507

登録番号:高知県知事(1)第01451号

登録年月日:平成15年8月12日

行政処分の年月日:平成18年6月23日

行政処分の内容:登録の取消し

適用条文貸金業の

規制等に関する法律第37条第1項第1号

これは貸金業の登録取り消しを

伝える公示文で、

2003年に登録

2006年に登録取り消し

処分を受けており、

ここにも波川容疑者の名前が

記載されています。

4.暴力団とのつながりも?

また、このような書き込みも

発見されました。

波川3

<I>五代目豪友会<I> 

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/4649/1112151375/

この投稿は2005年5月11日で、

先述の『愛知商事』の期間内に

当てはまります。

また、愛知商事の所在地が、

『四万十市中村大橋通七丁目』

であることから、

『中村のほうの組の波川』

という表現も

一致してしまうのです。

これら4つの情報は

あくまでも『情報』であり、

『確証』ではありませんが

果たして偶然の一致なのでしょうか?

偶然にしては、あまりにも

出来すぎているような気がします。

事件を考察

こうして波川容疑者について

調べてみると、

長山さんが無事に保護されたことに

改めて安堵の気持ちが

押し寄せてきます。

しかし疑問点も多数

残されています。

・長山さんは自ら望んで家出をしていた?

・波川容疑者の目的は何だったのか?

実際、長山さんは

行方不明になってから

1か月以上もの間、

波川容疑者と

生活していたことになります。

報道内容等から推測しても、

無理やり監禁されていたような

様子もなさそうです。

残念ながら波川容疑者のしたことは

犯罪であり、

処罰は免れることはできませんが、

『14歳の中学2年生が

インターネットで知り合った男性と

1か月以上も一緒に生活していた

理由は一体何だったのか?』

この理由に、

今回の事件が起こってしまった

原因があるように感じます。

スポンサーリンク
長山李穂さんを誘拐した波川智央とは?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする