シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

君津市で祖父母殺人事件を起こした高校生とは?

12月26日の夕方、千葉県警君津署に

「祖父母を殺してしまった」

と、1人の少年が出頭しました。

少年の供述に基づき

千葉県君津市内の住宅に

警察官が駆け付けたところ、

男女2人が室内で倒れており

死亡が確認されました。

今回の事件を起こしたのは

県立高校に通う17歳の高校2年生

そして犠牲者となってしまったのは、

少年の祖父(67)祖母(64)

そして既にネット上では、

この少年が通っていたと思われる

高校名や、実名

拡散されつつあります。

なぜ、このような事件が

起こってしまったのか?

考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が発覚したのは

12月26日午後6時15分ごろ。

1人の少年が千葉県警君津署に

出頭したことから始まりました。

「祖父母を殺してしまった」

少し耳を疑ってしまうような

内容ですが、

少年の供述に基づき

千葉県君津市内の住宅に

警察官が駆け付けたところ、

室内から男女2人の遺体が

発見されました。

遺体となって発見されたのは

この家に住む少年の祖父(67)

祖母(64)

祖父は2階建て住宅の1階で、

祖母は2階で

パジャマ姿で倒れていました。

1階からは血の付いた金づち

2階からは同様に血の付いた

ナイフつるはしが見つかっており、

これらが凶器として使われたと見られ

2人は死後、

3日~1週間が経過していました。

少年の供述から明らかになった事実

その後の少年の供述から、

犯行は23日の早朝に行われたことが

明らかになりました。

少年は君津市内母親(41)

2人で暮らしており、

祖父母宅をよく訪れていました。

その為、祖父母宅の合鍵を持っており、

23日朝6時ごろに

合鍵を使って祖父母宅に侵入しました。

そして少年は祖母、

祖父の順に襲い掛かり、

その命を奪ってしまったのです。

この祭、凶器として使われたナイフ

通信販売で購入しており、

つるはしは、自身がアルバイト

していたホームセンター

犯行日の前日に購入していました。

また、少年はこの日、

事前にアルバイト先に

休みを申請しており、

少年の自宅からは

人を殺傷する様子を描いた絵

押収されています。

これらのことから

計画的な犯行であったという

見方が強まっています。

17歳の高校2年生の素顔とは?

このような大変な事件を

起こしってしまった、

千葉県君津市に住む17歳

高校2年生の少年。

同級生などの印象は、

『目立たなくて、口数も少ない』

『何を言われてもキレなくて、

全部受け止めてしまう』

『怒ったところを見たことがない』

といったもので、

全体的に『おとなしい』

という印象が強いようです。

しかし少年は犯行の動機を、

「学校での友人関係がうまくいまず、

ストレスを解消するためだった」

と供述しており、

やはり何らかの心の闇

抱えていたのではないかと

思われます。

また、

『母親(41)と2人で暮らしていた』

と報道されていることから、

母子家庭であったとも

考えられます。

少年の実名と通っていた高校名

この事件が報道された直後、

ツイッター

少年の実名高校名

思われるツイートが、

多数投稿されていました。

君津市ツイート1

また、その他のネットの情報等を見てみても、

この情報は間違いなさそうです。

事件を考察

少年は祖父母を殺害したことに対し

「祖父母に恨みはなかった」

「誰でもよかった」

「学校での友人関係がうまくいかず、

ストレス解消するためだった」

などと供述しており、

「今思えば大変なことをしてしまった

後悔している」

というような反省の言葉も

述べているようです。

しかし当然のことですが、

人の命を奪ってしまうことが

『ストレス解消』になるなんてことは

ありえません。

やはりこの事件で一番問題なのは、

この少年が

『殺人=ストレス解消』

という公式を作り上げてしまったこと。

そして彼を

そのような考え方をする人間に

育て上げてしまった周りの環境、

社会そのものに問題があると思えます。

スポンサーリンク
君津市で祖父母殺人事件を起こした高校生とは?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする