シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県柏市 手賀川 佐藤龍太さんは川に落とされていた!

1月4日の朝、千葉県柏市
流れる手賀川で、
17歳の少年が心肺停止の状態で
発見されるという事件が起きました。

川底から心肺停止の状態で
発見されたのは、
我孫子市に住む17歳の会社員
佐藤龍太(さとう りゅうた)さん。

警察によれば、
佐藤さんは同じ職場の
19歳~22歳男性4人と一緒に、
日の出を見にきていたということです。

そこで佐藤さんが
財布か携帯かを川に落とし、
拾いに川に入って
溺れたということですが、
この事件、報道当初から
不審点が多数、指摘されていました。

この事件について
考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

1月4日午前6時過ぎ、
男性から消防へ
1本の119番通報がありました。

「仲間の少年が川に入ったっきり、
   戻ってこない」

これを受けて消防が手賀川へ出動。

現場に居合わせた男性4人の証言から
川を捜索したところ、
約3時間後に川底で
1人の男性を発見しました。

男性はすぐに病院に運ばれましたが
間もなく死亡が確認されました。

死亡が確認されたのは、
我孫子市に住む会社員佐藤龍太さん(17)。
佐藤龍太

佐藤龍太さんのものと思われる
ツイッターアカウント。
@sakuraxyz51
佐藤龍太ツイッター

そして119番通報し、現場に居合わせたのは
佐藤さんの職場の同僚らで、
19歳~22歳男性4人でした。

不審な供述

警察の取り調べに対し、
現場に居合わせた佐藤さんの同僚たちは
このような証言をしています。

「財布か携帯かを川に落とし、
  拾って来ると言って、岸から入っていった」

「川の真ん中付近まで泳いだあと、
  突然溺れた」

「日の出を見に来ていた」

これらの供述によれば、
佐藤さんは会社の同僚らと
日の出を見に来ており、
橋の上から、財布か携帯
川に落としてしまったということです。

そしてそれを拾おうと
自ら服を脱いで岸から川に入り、
途中までは泳いでいたが、
突然、溺れてしまったというのです。

これに対して、
メディアの報道やネット上でも
不自然さを指摘する声
多数あがっていました。

『この時期に服を脱いで川の中へ?』

『どうして川に財布を落とす?』

『自分で落として自分で探しに?』

『誰かに財布を落とされた?』

『突き落とされたんじゃないの?』

これらが指摘されたのは、
・財布を落とした?
・わざわざ泳いで探しに行く?
・初日の出じゃなく4日に日の出見に行く?
などといった疑問点と、
佐藤さんの服が一部見つかっていない
という報道があったためです。

その為、いじめ
故意に落とされたという
可能性が浮かび上がっていたのです。

佐藤龍太さんが川に突き落とされたのは金銭トラブルのため!

その後の警察の取り調べで、
夜になって現場に居合わせた
佐藤さんの同僚ら4人の供述が一転

結局、世間の憶測通り、
佐藤さんは川に突き落とされていたことが
明らかになりました。

報道によれば佐藤さんは、
同僚らとの間に
金銭トラブルがあったようです。

その内容は、

『以前佐藤さんが同僚の内、
  1人の家に泊まりに行ったとき、
  現金がなくなっていた』

というものです。

その為、同僚ら4人は佐藤さんを呼び出し
「責任を取れ!」
と、川に入ることを強要

佐藤さんは抵抗して、
橋の欄干につかまって
ぶら下がっていたようですが、
最後はその手を無理やりほどき
川に転落してしまったというのです。

事件現場付近の地図

ストリートビュー

容疑者とは?

この事件で現場に居合わせた4人は、
結局、佐藤さんを川に突き落とし
殺害したとして、
殺人の容疑で逮捕されました。

逮捕されたのは
・小島庸平(こじま ようへい)容疑者(22)
・岡田潤太(おかだ じゅんた)容疑者(20)
・渡辺真純(わたなべ ますみ)容疑者(21)
・会社員の19歳の少年

警察の取り調べによれば、
小島容疑者と佐藤さんの間には、
数百万円の借金を巡るトラブルが
あったようです。

その為4人は共謀して佐藤さんを連れ出し、
「殴られるか川に飛び込むか?」
「お前が飛び込まないと終わらないぞ」
などと脅し、
佐藤さんを全裸で橋の上から
ぶら下がる状態にした後、
川に転落させたということです。

小島容疑者は
「佐藤さんの横にいただけ」
と、容疑を否認しており、
他の3人は容疑を認めています。

また4人は、
佐藤さんを千葉県内の別の川でも
つい落としたりしていたことが
明らかになりました。

この時は川が浅く、
物足りなかったので
佐藤さんを手賀川に連れて行き、
深さのある川で
再度、佐藤さんを突き落としていました。

小島庸平

容疑者

事件を考察

本来は『同僚』であったはずの仲間が、
一瞬にして『加害者』『被害者』
なってしまいました。

子供に限らず大人の世界でも、
友人、知人間のトラブルというのは
付き物です。

しかしそれがどうして、
命を奪ってしまうほどの事件
発展してしまうのか?
憎しみを持ってしまうのか?

恐らく彼らは、川に入らせた後に
『死』という悲劇が起こることを、
想像すらできなかったのでしょう。

『少し懲らしめてやる』
ぐらいの軽い考えしか
なかったと思われます。

それほど人の思考想像力
乏しくなってしまったのでしょうか?

このようなことが、
ほんの一部の人間
愚かな行為に過ぎないことを
望まずにはいられません。

そしてこの寒空の中、
苦しい思いをし、
無念であっただろう
佐藤さんのご冥福を、
心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
千葉県柏市 手賀川 佐藤龍太さんは川に落とされていた!
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする