シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良県宇陀市 室生ダムで1歳の舛本蘭香ちゃんが転落死

1月3日の午後5時ごろ
奈良県宇陀市にある室生ダムで、
母親と散歩をしていた1歳の女の子が、
高さ9mの吊り橋から転落し、
死亡するという事故が発生しました。

若干1歳の女の子が
一瞬の不注意で命を落としてしまった、
非常に残念で悔やまれる事故です。

どうしてこのような事故が
起こってしまったのか?

現場の地図や写真を元に、
考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

事故が起こってしまったのは、
1月3日午後5時ごろのことです。

奈良県宇陀市にある室生ダム
釣り人から、
「子供がダムに落ちた!」
と、119番通報がありました。

警察や消防が現場に駆けつけると、
室生湖にかかる橋からおよそ9m下の岸で、
桜井市に住む1歳の女の子
釣り人から心臓マッサージを受けていました。

しかし必死の救護活動も叶わず、
女の子は還らぬ人となってしまいました。

この事故で命を落としてしまったのは、
桜井市に住む、
舛本蘭香(ますもと らんか)ちゃん(1歳)。

蘭香ちゃんは母親(19)
現場付近に散歩にきていて、
母親が目を離した一瞬の隙
吊り橋の手すりと地面の間にある
24㎝ほどの隙間から、
謝って転落してしまったようです。

警察が事情を聞いたところ、
母親は親族の仕事を手伝うために
現場近くに来ており、
仕事の合間に、蘭香ちゃんを連れて
散歩をしていたということです。

母親は、
「仕事先に客が来たと思い、
 目を離した時に音がした。
 振り向いた時には
 姿がみえなかった」
と、話しています。

事故現場

何とも残念でならない事故ですが、
事故現場の様子を見てみたいと思います。

室生ダム

事故が起こった吊り橋

二枚目の画像には人や車が映っており、
報道されている
『24㎝の隙間』が、
確認できるかと思います。

また、掲載している地図は移動もできるため、
橋の上の様子も良く分かります。

事件を考察

蘭香ちゃんを失ってしまった
19歳のお母さんの心中お察しし、
心よりお悔やみ申し上げます。

しかしこれは
少し厳しい意見かもしれませんが、
このような場所で
1歳の子供から目を離してしまうのは、
やはり軽率な行動であったと
言わざるを得ません。

やはりどう見ても、
このような状況では
子供を1人で歩かせることさえ
危険であると感じます。

今回の事故は
非常に残念でなりませんが、
蘭香ちゃんのお母さんは
このことを教訓にして、
今後の人生に
生かして頂きたいと願います。

また、愛する我が子を失った悲しみは
例えようもないほど大きいと思いますが、
蘭香ちゃんの為にも
どうか立ち直って下さい。

スポンサーリンク
奈良県宇陀市 室生ダムで1歳の舛本蘭香ちゃんが転落死
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする