シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供がUFOキャッチャーから景品を盗み出す動画をツイッターに投稿した親とは?

1月5日、ツイッター
ある『動画』が投稿され、
それが原因で大炎上が起こるという
騒ぎがありました。

その動画の内容は、
『子供がUFOキャッチャーの筐体に潜り込み、
 景品を手でつかみ取ってしまう。』
というものでした。

動画を投稿したのは、
景品をつかみ取っている子供の親
見らていますが、
現時点では動画や、それに関するツイートは
削除されています。

一体この親は、
何が目的で動画を投稿したのでしょうか?

考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

問題の動画

まずは、問題となった、
『子供がUFOキャッチャーから
景品をつかみだす動画』
をご覧ください。


信じられないような光景ですが、
子供がUFOキャッチャーの筐体に潜り込み
景品を素手でつかんで取り出す様子が、
はっきりと映っています。

隣に映っている女性は
この子供の姉のようですね。

「○○やばいって、それは!」
「○○、100円!」

と、叫んでいる声もはっきりと聞こえます。

ツイッターが炎上

当然のことながら
この動画内で行われている行為は、
いわゆる『万引き行為』で、
立派な犯罪です。
もちろん『窃盗罪』に充当します。

その為、こちらのツイッターには、
抗議の書き込みが多数、寄せられました。
(現在は削除されているため、
閲覧することはできません)

その内容は、
「立派な犯罪です!」
「止めようとしないの?」
といった内容のものが、
多く見られました。

しかし呆れたことに投稿主の男性は、
「景品は戻した」などと弁明。
さらには
「こーやってTwitterでぐちぐち言って
 警察にすぐ通報したり。
 参っちゃいますよ。」
「自分もゴミだけど、
 Twitterでバカみたいなことしてる
 君たちもゴミですよ??」
などといった、
開き直ったような投稿をする始末。

この態度に、さらに批判が殺到し、
ツイッターは大炎上してしまいました。

また、男性は
「景品は戻した」と釈明していましたが、
動画が撮影された
ゲームセンターの運営企業は、
「動画に登場する人物が
 景品を不正に入手し、
 そのまま持ち去ったことが
 確認できましたので、
 窃盗事件として
 警察に被害届を出しました。
 以降の処理については、
 警察にお願いしています。」
と、答えています。

事件を考察

結局、この動画を投稿した男性は、
何が目的だったのでしょうか?

『こうすれば、景品が取れますよ』と、
自慢したかったのか?
それとも
『スゴイ技!』と、
賞賛されるとでも思っていたのか?

残念ながら動画の中で、
子供は笑いながら景品を
盗み出しています。
そして隣の姉と思われる女性も
笑っています。
これは言い換えれば、
『笑いながら犯罪を犯している』
ということです。

そしてそれを咎めることもなく動画に収め、
平然とSNSに投稿してしまう親

『親も親なら、子も子』

残念ながら、
見事に当てはまってしまいます。

事件の真相とその後

結局この事件は、
若者の遊び心から始まった
騒動であったことが判明しました。

この動画に関わっていたのは、
横浜市鶴見区在住の会社員の
17歳の少年

横浜市保土ヶ谷区在住の
私立高校2年生の17歳の少女
少女の弟で小学6年生の男子児童

3人は1月5日の午後4時45分ごろ、
川崎市川崎区駅前本町のゲームセンターで
UFOキャッチャーから景品2個を
盗んだとされています。

事の発端はゲームセンターで
少女が思いついた一つの事柄。

『UFOキャッチャーの取り出し口に
人が入れるのでは?』

そしてそれを実行するために
17歳の少年と少女が
周囲から見えないように壁をつくり
男子児童が取り出し口に
潜り込んだところ、
景品を取り出すことに成功。

その後男子児童が
「もう一つ欲しい」
と言い出し、
17歳の少年が
「どうせやるなら動画を撮ろう」
と提案。
そこで再度、
景品を盗み出す様子を動画に収め、
ツイッターに投稿したのです。

つまり当初、動画を投稿したのは
男子児童の父親では?
と見られていましたが、
実際は姉の友人。
17歳の会社員の少年だったのです。

17歳の少年と少女は、
「何も考えずに行動してしまい、
事が大きくなってびっくりした。
反省している」
と容疑を認め、
反省しているようですが、
2人は窃盗で書類送検され、
犯行を行った男子児童も
児童相談所に通告されました。

例え未成年と言えど、
彼らの行ったことは『窃盗』という、
れっきとした『犯罪』なのです。

スポンサーリンク
子供がUFOキャッチャーから景品を盗み出す動画をツイッターに投稿した親とは?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする