シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラワーライフの押し花ビジネスは詐欺だった!村田多恵子・瀧山佳代が逮捕される

『詐欺被害』というものは
いつの時代もなくなることはなく、
あの手この手と手法を変えて
存在しているものです。

そしてまた、
新たな詐欺被害が発覚してしまいました。

押し花のレンタルビジネス
「配当金を支払う」と嘘を言って、
東京のフラワーアート制作会社
『FLOWER LIFE』(フラワーライフ)の社長
村田多恵子(むらた たえこ)容疑者(58)と、
役員の瀧山佳代(たきやま かよ)容疑者(46)が
逮捕されました。

『押し花のレンタルビジネス』
という言葉はあまり聞き慣れませんが、
この事件について
考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

村田容疑者と瀧山容疑者の逮捕容疑は、
2012年の4月から2014年4月にかけて
東京都杉並区の女性(68)ら3人に対し、
押し花のレンタル商品を購入すれば
購入代金のおよそ5%の配当金を支払う
などと嘘を言って、
あわせて8,900万円をだまし取った
詐欺の疑いが持たれています。

村田容疑者らは2007年以降、
同様の手口で主婦を中心に
全国2,300人から
およそ60億円
集めていたと見られています。

警視庁ではそのうち2012年から
2015年1月にかけて主婦を中心に
42億円をだまし取っていたと見て、
余罪についても詳しく調べています。

村田容疑者は取り調べに対し、
「お金をだまし取ったつもりはありません」
と、容疑を否認しています。

フラワーライフの押し花ビジネス

フラワーライフが主婦らから
多額の資金を集めていたのは、
『押し花レンタルビジネス』

これは元々、押し花制作という
女性が自宅でできる
押し花の制作の仕事から
始まっているようです。

新聞の折り込み広告等を使って
押し花の制作をする人を募集。
そしてその人たちに、
投資話を持ち掛けていたようです。

その内容はこちら。
フラワーライフ仕組み

フラワーライフの手口とは?

では実際に
どのような勧誘が行われていたのか?

例を挙げて説明すると、
押し花制作の仕事は
『さあ、始めよう!』
と思っても、何の経験もない人が
いきなりできるわけもありません。

そこでフラワーライフの『教室』に入り、
押し花制作を学んでいくのです。

これにはいくつかの『コース』
用意されているのですが、
あるコースでは授業料約80万円

そこで投資話を絡めてくるのです。

『100万円の出資をすれば、
 配当金を含めて毎月5万円を
 36回に分けて支払う』

これで受け取り総額は180万円
つまり授業料が『チャラ』になると
持ちかけていたのです。

また、村田容疑者は
関連企業等にも
投資話を持ち掛けていたようです。

『300万円の出資で
 165,000円を36回に分けて支払う』

これだと総払戻額は、何と594万円!

どちらの例でも
かなり好条件での投資話となっていました。

詐欺被害救済ドットコム

しかし実際には
ほとんど払い戻しの支払いは
されておらず、
こちらの
『詐欺被害救済ドットコム』には、
被害に遭われた方々が、
かなり以前から
多くの苦情を寄せており、
フラワーライフ摘発に向けた
活動をされていました。

また、このサイトの情報によれば、
・自転車操業であった
・隠ぺいの動きもあった
・弁護士や警察も動きを察知していた
などの投稿もありました。

押し花制作も大変だったんですね・・・

私はプリザのレンタル製作しに
新宿教室へ通ってました。
交通費は出ません。
日給でしたが、時間に換算すると、
東京都の最低賃金以下でした。

ある日、制作していると、
「今日は〇〇デパートで
花ビタが開催されています。
まだ行ってない人は
今日行って参加してきてください。
参加したら戻ってきて
製作を続けて下さい」
と講師の先生に言われて驚きました。

理由は、会社でやってる
他の仕事を知るため?
だったか、勉強のためだと
言ってたと思います。
まるで花ビタのサクラだと
思いました。
もちろん現場へ行くまでの
往復交通費は出ません。

花ビタに参加するための
300円か500円だかの費用は
会社が出すと言ってましたが、
建て替え払いで、
現金では返してくれません。
会社内で使える金券だと
言ってました。

会社経営に不安を感じたし、
サクラになる気もなかったので、
その後、製作の仕事は辞めました。

数か月後、製作者の賃金が
支払われてないと知り、
早く辞めて良かったと思いましたが、
パートナーのレンタル料元金は
戻ってません。

花が好きな人なら、
花関係の仕事で収入を得てみたいと
考えてる女の人は多いと思います。
そんな人達の思いを
踏みにじった会社には
頭にきてます。

また、このような書き込みも見られます。

これはフラワーライフの『教室』の
『プリザードフラワー』を
受講していた方のものですが、
『教室』においても
賃金が異常に低かったり、
必要経費が支払われないなどの
問題が多発していたようです。

株式会社フラワーライフ

そこで株式会社フラワーライフ
について調べてみると、
現在もこのような
ホームページが存在しています。

フラワーライフ2

ちなみにホームページ内の会社概要
このような感じです。

フラワーライフ

しかしこのホームページ、
よくよく見てみると
全く更新されていません。

あたかも会社宣伝の為だけに作られた
いわゆる『ぺらサイト』ですね。

ちなみにリンクはこちらです。
『株式会社フラワーライフ』
(いつ削除されるかわかりませんが)

事件を考察

報道内容だけを見ていると、
『どうしてこんな話にだまされた?』
との疑問が浮き上がってくる方も
多数、おられるようです。

しかしそこはやはり
先の『詐欺被害救済ドットコム』
書き込みにもあったように、
女性の花への憧れ
少しでも収入を得たいという
心理に付け込んだ、
村田容疑者らの言葉巧みな勧誘と、
詐欺のからくりがあったためでしょう。

フラワーライフのホームページでは
村田容疑者はこのように
紹介されています。

● 村田 多恵子 ●
むらた たえこ
「フラワーライフ押花学院」主宰、
㈱フラワーライフ代表1957年生まれ。
九州造形短期大学卒。
美術展に入選多数。
押し花の世界に魅了され、
押し花作家の柳芙美子氏に師事。
プレストブーケ制作1万点以上、
押し花制作指導は10万点を超える。
アメリカや韓国、イタリアにも進出し、
国際的なスケールで
プロのプレストフラワー・アーティストを
育成している。

報道で流れた村田容疑者の
顔写真を見ていると、
とても信じる気にはなれません

村田多恵子

また『詐欺被害救済ドットコム』には、
このような書き込みもありました。

『逮捕は、はじまりにすぎません』

これはまさにその通りで、
村田容疑者らの不正に関しては、
既に数年前から
関係者の間では騒ぎになっていたのです。

しかし出資者らの
必死の返済請求に応じないため、
今回の逮捕に至ったのです。

大事なのはこの先、
一体どれだけの返済がされるのか?
ということなのです。

被害者の本当の闘いは、
まだ始まったばかりです。

スポンサーリンク
フラワーライフの押し花ビジネスは詐欺だった!村田多恵子・瀧山佳代が逮捕される
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする