シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトデーのお返しの意味とは?おすすめのお返し

男性のみなさん、
今年のバレンタインデーはいかがでしたか?

本命や義理、形は色々ありますが、
もはや日本の年中行事の一つとして
欠かせないものになっていますね。

そして当然のことながら、
『男』として『もらいっぱなし』
というのはいただけません。

たとえどんな形であっても、
『お返し』は必要ですね。

そのお返しの日が、
『3月14日・ホワイトデー』
なのは言うまでもありませんが、
実はこのホワイトデーのお返しには
深~い意味があるということを
ご存じでしたか?

これを知ることで
今年のホワイトデーを、
少し特別な物にしてみませんか?

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しの意味

ホワイトデーのお返しと言えば、
『マシュマロ』で決まり!

これって従来からの定番のようですが、
お返しとして選ばれている物の
ランキングを調べてみると、

  • マシュマロ
  • クッキー
  • キャンディー

この3つが上位を占めており、
やはりマシュマロが入っています。

しかしこの3つには意味があって、
意外と男性には知られていないようです。

その意外な意味とは、

  • マシュマロ:あなたが嫌いです
  • クッキー:友達でいて下さい
  • キャンディー:あなたが好きです

これはちょっと以外ではないでしょうか?

従来から定番であると思われていた
マシュマロが、
まさか『嫌い』を意味するとは、
これは知らずに渡してしまうと
大変なことになりますね。

ちなみに女性の場合は、
案外これらの意味を
知っている方が多いようです。

ではなぜ、このような意味を
持つようになったのか?
少し考えていきたいと思います。

ホワイトデーとは?

そもそもホワイトデーとは、
バレンタインデーのお返しをする日。
これは現在の私達の間では
既に定着した習慣となっています。

しかしこのバレンタインデーに
『女性が男性にチョコレートを渡す』
ということ自体が、
実は日本独特の文化なのです。

参考:バレンタインデー(Wikipedia)

しかし日本でバレンタインデーが
広まりつつあった1950年代は、
『お返しをする』という習慣は
まだありませんでした。

そこに目をつけたのは、
福岡の老舗菓子屋『石村萬盛堂』でした。

『バレンタインデーのお返しが
 貰えるとしたら、何が嬉しい?』

当時の雑誌のアンケートに
このような記事があり、
その回答の上位にマシュマロがあったため
石村萬盛堂はお返しとして
マシュマロを売り出したようです。

しかし当時は
現在とはかなり内容が異なっていました。

『チョコを包んだマシュマロ』

これをお返しとして贈っていたのです。

実はこれには深い意味があり、

『女性からもらった気持ち(チョコ)を、
男性が純白の愛(マシュマロ)で包んで
お返しをする。』

つまり現在とは逆の意味で行われていました。

ちなみに当時は『ホワイトデー』
という言葉はまだなく、
『マシュマロデー』
と呼んでいたそうです。

しかしその後、
マシュマロが飛ぶように売れるのに
目をつけたのが、
全国飴菓子工業協同組合でした。

全国飴菓子工業協同組合は、
『マシュマロデー』『ホワイトデー』
呼び改め、売り出したのは
キャンディーだったのです。

このようなホワイトデーの由来から
先の意味合い、

  • マシュマロ:あなたが嫌いです
  • クッキー:友達でいて下さい
  • キャンディー:あなたが好きです

これが誕生したのでは?
という説があるようです。

お返しはどうすべき?

と、いうことで
ホワイトデーのお返しは
『バレンタインデー=チョコレート』
ほど、強固な図式が
出来上がっているわけではありません。

そのため先程の『意味合い』
しっかり押さえ、一言添えれば
誤解を生むことも少なそうですが、
『義理チョコ』のお返しには
クッキー焼き菓子などが無難なようです。

しかしこれが本命になると、
少し慎重に考えなければなりません。

そこで私が本命(妻)に贈っているのは、
『包んだもの』
こだわるようにしています。

さらに結婚前に
2人で北海道旅行をした思い出もあり、
かなり以前から利用しているのが
小樽洋菓子舗ルタオ

その中でもおすすめなのが
こちらです。

アールフロマージュ マングールージュ

この包み込んで作られた製法
独特の触感は、
女性にはたまらないのではないでしょうか?

あなたもぜひ、
女性の気持ちをさらに大きな愛で包んで
返してみてはいかがですか?

スポンサーリンク
ホワイトデーのお返しの意味とは?おすすめのお返し
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする