シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校生 北川ひかるさん殺害事件 犯人の19歳少年を考察

2月27日の夜、福岡県福岡市で、
とても残念な事件が起きてしまいました。

『予備校に通う19歳の女性が、
 同じ予備校に通う19歳の少年に
襲われ死亡する』

現在、世の中では受験シーズン真っ只中。

そんな中飛び込んできた衝撃的な事件報道。

現時点で犯人の19歳の少年が
犯行に及んだ詳しい動機などは
発表されていませんが、
現在までに判明している内容等を元に
この事件を考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が起こったのは
2月27日午後8時50分頃

「福岡県福岡市西区姪の浜6丁目の路上で
男が女を襲っている」
と、付近住民から110番通報がありました。

警察が現場に駆け付けたところ、
若い女性が血まみれで倒れており
病院に搬送されましたが
約3時間後に死亡が確認されました。

現場には凶器とみられる
ナイフ2本小型のオノが残されており、
警察が捜査を開始。

しかし、最初の110番通報から約15分後
事件は急展開しました。

現場近くにある『姪の浜交番』
衣服に血がついた状態で1人の男が出頭

「知り合いの女性を刃物で刺した」
このように供述いていることから
警察は男の身柄を確保。

しかし、出頭した男も両手に大ケガを負い、
現在も病院の集中治療室で治療を受けており、
警察は男の回復を待つと共に
容疑が固まり次第、逮捕する方針です。

北川ひかるさんと19歳の少年

北川ひかるさん(19)

この事件で犠牲者となってしまったのは、
福岡市西区に住む予備校生北川ひかるさん(19)。

北川ひかる

北川さんは熊本県の出身
地元の進学校を卒業後、
国立大学を目指して2015年4月から、
福岡市の予備校に通っていました。

なお北川さんが通っていた高校は
ツイッターの情報によると、
熊本県立熊本高校であったと
言われています。
(現在、このツイッターは削除されています)

また通っていた予備校は
テレビに写されていた画像から判断すると
駿台福岡校で、目指していたのは
最難関である東京大学だったようです。

高校時代の北川さんは成績は常に1位
またダンス同好会に所属していましたが、
幼いころから剣道をしていたこともあり、
剣道部の助っ人を頼まれることも
あったようです。

北川さんは予備校に通うため、
兄と2人でアパート暮らしをしていました。
そして今回の事件は、
自宅から僅か50mという場所で
起こっています。

犯人の19歳の少年

北川さんを刺したと供述している
19歳の少年は、
両手に大ケガをしており
現在も集中治療室で治療中です。

そのためこの少年に関する情報は
まだほとんど出ていませんが、

  • 北川さんと同じ予備校に通っていた
  • トラブルになったとも供述
  • ナイフ2本と小型のオノで
    北川さんを襲った

などといったことが現時点で判明しています。

また、一部の報道によれば、
北川さんと同じ高校に通っていた?
との情報もあります。
SANSPO.COM

犯行の動機詳しい経緯に関しては、
少年のケガが回復次第、
明らかになっていくと思われます。

なお、北川さんと少年は
同じ予備校に通っていましたが、
交際関係などはなかったようです。

犯行内容から見えること

事件から2日が経過し、
犯行時の状況が少しづつ
明らかになってきましたが、
その内容を見ることによって
少年の心理状態
少し見えてくるような気がします。

  • 犯行は北川さんの自宅近くで行われている
  • 少年は倒れた北川さんに馬乗りになり、
    何度も顔や頭を殴る(切りつける?)ような
    動作をしていた。
  • 少年も両手に大ケガを負った。
  • 北川さんの傷は首から上に集中していた。
  • 北川さんは手のひらや甲、腕にも
    抵抗した際に負ったとみられる傷があった。
  • 現場にはナイフ2本小型のオノが残されていた。
  • 事件現場から少年が出頭した派出所の距離

これらに着目すると、
少年が当初から北川さんを
殺害する目的であったことは、
凶器を持っていたことからも
間違いないでしょう。

また、北川さんの自宅近くで
犯行が行われていることから、
殺害目的で北川さんを
呼び出したのかもしれません。

そして抵抗され、
自身も両手に大ケガを負いながらも
それでも執拗に襲い続けた形跡
ここに強い殺意があったことは
言うまでもありません。

また、事件現場から少年が出頭した
『姪の浜交番』までは、
距離にして約5~600m
110番通報から
少年が出頭するまでは約15分
これは少年が、
犯行後そのまま交番へ向かった
考えられそうです。

つまり当初から、
警察へ出頭することを前提として
犯行に及んだと思えてしまうのです。

トラブルの内容とは?

少年は北川さんとの間で、
「トラブルになった」
と供述しています。

これまでに報道されている
北川さんの人物像を見ている限り、
周囲とトラブルを起こすようには
思えないのですが、
そこには他人には理解できない
何らかの事情があったのかもしれません。

また、あくまで想像の域ですが、
少年の一方的な思い込みの可能性も
否定できません。

いずれにせよ、
『人の命を奪うほどのトラブル」
とは、一体どれほどのものだったのか?

今後もこの事件の解明を
見守っていきたいと思います。

そして若くしてその夢を絶たれてしまった
北川ひかるさんのご冥福を、
心よりお祈り申し上げます。

事件現場の地図

事件現場から『姪の浜交番』

ストリートビュー

スポンサーリンク
予備校生 北川ひかるさん殺害事件 犯人の19歳少年を考察
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする