シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保護責任者遺棄容疑で逮捕された新井真央容疑者・新井綾香容疑者のFacebookを考察

3月2日、広島県呉市で生後8か月の長男
衰弱しているにも関わらず、
放置して死亡させたとする
保護責任者遺棄の疑いで、
41歳の父親22歳の母親が逮捕されました。

幼い子供が犠牲になってしまう事件は
本当に言葉にも表せない程の
怒りと悲しみが押し寄せてきます。

そしてこの事件、
報道内容を見てみると
いくつか気になる点があったため、
早速その内容について調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

事件の発端は1本の119番通報からでした。

「子供が冷たくなっている」

この通報をしたのは、
広島県呉市吉浦神賀町の民家に住む
41歳の男性

消防が現場に駆けつけると
生後8か月のこの家に住む長男が、
1階の子供部屋の布団の上で
心肺停止の状態で発見されました。

長男はすぐに病院へ搬送されましたが、
死亡が確認されました。

長男は目立った外傷などは
見られませんでしたが、
あばらが浮き出るほど痩せており
食事を十分に与えられていなかった
疑いがあるということで、
両親が保護責任者遺棄の疑いで
逮捕されました。

逮捕されたのは父親で無職
新井真央(あらい まお)容疑者(41)と、
妻の新井綾香(あらい あやか)容疑者(22)です。

事件を伝える報道の内容

そしてこちらが、
事件を伝える報道記事の内容です。

衰弱した生後8カ月の長男を
放置したとして、広島県警は2日、
呉市吉浦神賀町の
無職で父親の新井真央(まお)(41)と
母親の綾香(あやか)(22)の
両容疑者を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、
発表した。
長男はこの日朝、遺体で見つかった。
真央容疑者は
「衰弱しておらず、世話をしていた」
容疑を否認
綾香容疑者は
「子どもを大事にしてやれなかった」
と話しているという。

呉署によると、
2人は2月上旬~3月2日、
長男の衰弱を知りながら
医療機関の受診や看護などをせず
放置した疑いがある。

両容疑者と長男は3人暮らし
この日午前8時ごろ、父親が
「子どもが冷たくなっている」
と119番通報し、
到着した救急隊員が、
1階和室の布団の上で
あお向けになって死亡している
乳児を見つけた。

目立った外傷はないが、
あばら骨が浮き上がるほどやせ
体重は生後8カ月の男児の平均の
ほぼ半分の約4キロだった。
県警は3日、司法解剖で死因を調べる。

現場はJR呉線吉浦駅
北東約500メートルの住宅街
近所の30代男性によると、
一家は2~3カ月前に引っ越してきた。
乳児の姿は見たことがなく、
泣き声も聞いたことがないという。
男性は取材に
「子どもがいるとは知らず驚いた。
相談してくれたら
助けられたかもしれないのに」
と話した。

この報道内容を見て
気になる部分を太字にしましたが、

  • 無職の父親
  • 41歳の夫と22歳の妻
  • 真央容疑者は容疑を否認
  • 彩香容疑者は
    おおむね容疑を認めるような
    供述をしている
  • 体重が約4㎏だった

と言った部分です。

今の世の中では珍しくありませんが、
それでも41歳と22歳の夫婦であれば
親と子ぐらいの年齢差があります。

そして真央容疑者は無職と報じられ、
彩香容疑者は容疑を認めるような
供述をしていますが、
真央容疑者は容疑を否認

そこで新井真央、
新井綾香、両容疑者について調べてみると
フェイスブックを利用しており、
この2人の人物像
家庭の状況が少し見えてきました。

新井真央・新井綾香のFacebook

新井真央Facebook
新井真央Facebook

新井真央容疑者の顔写真
新井真央

人を外見で評価するのは
良くないことだとは思いますが、
それでもお世辞にも
とても41歳の父親には見えません

また、フェイスブックの投稿内容も
ほとんどが趣味等のもので
子供に関する投稿は一切ありませんでした

また、このフェイスブックから
2人は2015年5月20日に結婚していること、
妻の新井綾香容疑者の
フェイスブックも判明しました。

新井綾香Facebook
新井綾香Facebook

新井綾香容疑者の顔写真
如月 彪斗

彩香容疑者はなぜかフェイスブック上では
『如月 彪斗(きさらぎ あやと?)』
名乗っています。

また更新はかなり以前で止まっていますが、
ブログも運営していたようで、
ここでは『彪斗-ayato-』と名乗っています。

それにしてもこれは『似たもの夫婦」
言うべきでしょうか?

ただし彩香容疑者のフェイスブックには
少ないながらも子供に関する投稿
されています。

それによれば長男は
2015年6月8日に生まれているようです。

ただ、子供に関する投稿は4件のみ。
6月19日が最後で、
その後は真央容疑者と同様、
趣味的な投稿ばかりです。

また彩香容疑者は職業欄に
ラウンジ チャップリン 接客業』
と記載していることから、
無職ではなかったのかもしれません。

この2人のフェイスブックから
推測できることは、

  • 音楽が2人の接点だった?
  • やはり『できちゃった婚』
  • 長男誕生後まもなく
    趣味主体の生活に戻っていった?

などが挙げられます。

事件を考察

2人のフェイスブックの内容や
報道内容、
さらに供述内容等を見ていると、
どうも彩香容疑者が真央容疑者のペースに
巻き込まれていたような気がしてなりません。

それにしても
『あばらが浮き出るほど痩せていた』
とは、想像するに堪えがたい状況です。

亡くなった長男は僅か8か月。
どれだけお腹を空かそうと、
どれだけ苦しい思いをしようと、
泣くことしかできなかったはずです。

その鳴き声をこの2人は
どんな思いで聞いていたのか?
それとも聞いて聞かぬふりでも
していたのか?

人それぞれ様々な事情があり、
たとえ『無職』であったとしても
最低限人として、そして親として、
一つの生命を生み出した責任
果たすべきだったのではないでしょうか?

スポンサーリンク
保護責任者遺棄容疑で逮捕された新井真央容疑者・新井綾香容疑者のFacebookを考察
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする