シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

至学館高校の女子生徒が名古屋市営地下鉄の線路内に侵入 その危険性とは?

愛知県名古屋市で、女子高生が
市営地下鉄の線路内に立ち入ったとして
警察が詳しい状況を調べていることが
明らかになりました。

警察などによれば
その時の様子と見られる動画写真
インターネット上
投稿されていたということです。

実際にその動画を確認してみると、
笑いながら線路内に立ち入っている様子が
はっきりと映っているのですが、
実はこれは非常に危険な行為だったのです。

スポンサーリンク

投稿された動画

まずはその様子を、
実際に見て頂きたいと思います。

これはツイッター
投稿されていた動画ですが、
制服を着た女子高生が線路内に侵入。

反対側のホームに小走りで走って行き、
這い上がる姿がはっきりと写されています。

またその際に、
本人、もしくは撮影者とも思える
笑い声が聞こえきます。

この様子から、完全に遊び半分
線路内に降りている様子が伺えます。

至学館高校の女子生徒

また皮肉なことに制服を着たまま
動画を撮影していたことから、
この女子生徒が
名古屋市東区大幸南にある
至学館高等学校の生徒であることが
判明してしまいました。

また、動画が撮影された場所は、
名古屋市東区の地下鉄名城線・砂田橋駅
であったこともわかっています。

上記の地図でも一目瞭然ですが、
至学館高等学校の最寄り駅ということです。

警察ではこの行為に
女子高生3人が関わっていたとみて、
9日の夕方から深夜にかけて
事情を聞いたということです。

無断で線路に侵入する行為は、
往来妨害罪などに問われる
可能性もありますが、
それ以前に大きな問題があり、
名古屋市交通局は
『列車と衝突するだけでなく、
送電レールに触れると感電死する恐れもあり、
絶対にやめて欲しい』
とコメントを発表しています。

地下鉄の危険性

この女子高生が行った行為が
どれほど危険なものだったのか?

正直なところ
私には知識がありませんでしたが、
ネット上の書き込みの中に
このようなものがありました。

第三軌条方式だね。
モロに第三軌条踏んでるけどよく無事でいられるな。

電車への電気の供給方法の一つのようです。

通常、屋外を走っている電車は
電線から屋根の上に取り付けられている
パンタグラフを使って
電気を取り入れています。
d826644dce48eb0a7093f0caafbec372_s

しかし地下鉄の場合、
上に電線は通っていません
d210a2a566ab463fd3db2800ba5032f1_s

そこで地面の線路の脇もう一本線を敷設し、
そこへおよそ600~750V
電気を流しているようです。

そこで先程の動画を
キャプチャ画像で確認してみると、
至学館高校1

至学館高校2

至学館高校3

女子高生の左足が、
線路を踏みつけている様子が
はっきりと映っていました。

また、地下鉄の危険性を証明する
このような動画もありました。

事件を考察

今回の件では、何事も起こらなかったのは、
本当に不幸中の幸いと言えるでしょう。

そもそも線路内に立ち入ること自体
論外なのは言うまでもありませんが、
よくよく見てみれば
地下鉄の駅の構内には至る所に
『高圧電流が流れていて危険です』
との表記がされているはずです。

大事故につながらなかったから
言えることなのですが、
これらの危険性を伝える動画が拡散され
今後このようなことを考える者が
現れないことに
一役買ってくれないものか?

そうすればツイッターなどのSNS
利用価値があるというものです。

スポンサーリンク
至学館高校の女子生徒が名古屋市営地下鉄の線路内に侵入 その危険性とは?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする