シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸倉高広容疑者の供述の信憑性

昨年8月に東京都中野区で起こった
加賀谷理沙さん(25)全裸殺人事件

有力な手掛かりが得られないまま
時間ばかりが経過し、
2月には被害に遭う直前の
加賀谷さんの画像が公開されるなど、
警察による地道な捜査活動が
進められてきました。

しかし事件から半年以上が経過した3月12日
急遽、容疑者が逮捕され、
事件は一気に解決へ向けて走り出しました。

当初は犯行を否認していた容疑者も、
時間共に犯行を認める供述をはじめ
事件の詳細が明らかになってきました。

しかしこれまでに明らかになっている
容疑者の供述を見ていると、
いくつか疑問に感じる部分が見られます。

そこで今回は、
容疑者の供述内容の信憑性について
考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

戸倉高広容疑者(37)

加賀谷理沙さん(25)殺害の容疑で
逮捕されたのは、
福島県矢吹町中町の職業不詳、
戸倉高広容疑者(37)。

戸倉高広3

高校時代の戸倉容疑者
戸倉高広

戸倉高広容疑者特定の経緯

この事件は当初、
加賀谷さんの遺体の状況や
発見された部屋の状況、
それまでの目撃証言などから
『顔見知りの犯行の可能性が高い』
と見られていました。

しかし加賀谷さんの遺体から
検出されたDNA型が、
周辺人物と一致しなかったため、
さらに範囲を広めた捜査
展開されてきました。

その中で警察が注目したのが、
加賀谷さんの部屋からなくなっていた
数々の所有物。
加賀谷 部屋

  • リュックサック
  • トートバッグ
  • イチゴ柄の布団カバー

など十数点

その中で注目されたのが、
『エアコンのリモコン』でした。

それまでの警察の調べで、
加賀谷さんが殺害される2週間前
加賀谷さんのマンションから
約300m離れたアパートで、
一人暮らしの女性の部屋から
エアコンのリモコンが盗まれていた
という事実が発覚。
さらに玄関のドアの内側には、
『部屋を片付けろ、幻滅した』
『性的暴行を加えたかった』
などといった内容の
殴り書きが残されていました。

実はこのアパートの一室に
当時、戸倉容疑者が住んでおり、
加賀谷さん殺害事件の直後に
転居していたことなどから関与が浮上。

警察が2月に任意で事情聴取
DNAの採取を求めて照合したところ、
加賀谷さんの爪に残った皮膚の一部と
一致したため容疑者と断定。

殺害容疑で逮捕に至りました。

戸倉高広容疑者の人物像

これまでに分かっている、
戸倉高広容疑者の人物像について
以下にまとめてみました。

  • 福島県矢吹町出身
  • 祖父の代より会計事務所を営む
    裕福な家に育つ
  • 高校卒業後上京。都内のカラオケ店、
    ゴミ収集などの仕事を転々
  • 平成25年に就職~昨年春まで勤務
    (営業担当)
  • 「親しみやすい雰囲気ではなかったので
    (営業)成績は悪かった。上司に怒られると
    動揺してしまうこともあった」
    (同僚談)
  • 趣味はパチンコ、剣道
  • 「長く付き合っていた年下の彼女と
    結婚するので仕事辞めたい」
    と昨年春退職
  • 8月末ごろから実家の矢吹町に戻る
  • 実家では黒いワンボックスに乗る

福島県の実家の近隣住民によれば、
『性格は穏やか』
『人を殺すようには見えない』
というのが戸倉容疑者の印象です。

また、自分から人に話しかけるような
タイプではなかったが、
特に孤立していたわけではなく、
いつも友人らに囲まれて
明るく接していたといいます。

戸倉高広容疑者の供述

それではこれまでに明らかになっている
戸倉容疑者の供述内容を
見ていきたいと思います。

  • 私が殺しました、責任を取ります。
  • 直前に見かけて気になったので、
    ついて行って殺害した。
  • 最初に手で首を絞めた後、
    部屋にあったもので首を絞めた。
  • 歩きながらたばこを吸っていたら
    加賀谷さんを見かけて後をつけた。
  • LINEを交換しようと思って
    部屋の前で『すみません』と
    声をかけた。
  • 加賀谷さんが驚いて部屋に入ったので、
    自分もすぐに部屋に入り、
    手や紐(ひも)のようなもので首を絞めた。

これらは各報道で発表されている
戸倉容疑者の供述内容ですが、
どうも不自然さを感じると当時に、
まだまだ隠された真意があるように
思えてならないのです。

供述に信憑性はあるのか?

まず、戸倉容疑者は
加賀谷さんのマンションから
約300m離れたアパートに住んでいました。

そして勤務先も
加賀谷さんのアルバイト先であった
新宿区の居酒屋から、
300m程の距離にある会社でした。

これらから考えると、
通勤ルートが同じだった可能性もあり、
以前から加賀谷さんの存在を
知っていた可能性があります。

また、事件前日の8月24日には、
日中に現場マンション付近を歩く
戸倉容疑者の姿が、
複数の防犯カメラに写っていたことも
判明しています。

つまり戸倉容疑者は
偶然、加賀谷さんを見かけて
犯行に及んだと供述していますが、
計画的犯行だった可能性
非常に高いと思われます。

また、
「LINEを交換しようと思って声をかけた」
との供述。

これも一般的には
ありえないような内容です。

初対面の見知らぬ男性に自宅前で
いきなりLINEの交換を持ち掛けられて、
応じる女性がいるものでしょうか?
また、こんなことを持ち掛ける
男性も普通ではありません。

つまり戸倉容疑者の目的は、
『LINEを交換すること』
にあったのではなく、
当初から暴行目的であったと
推測されます。
そして声をかけ部屋に侵入したものの、
加賀谷さんの抵抗何らかの理由があり
結果的に殺害に至ってしまった

そう思えてなりません。

空白の時間

戸倉高広容疑者が
逮捕されたことにより、
事件の内容は今後さらに
明らかになっていくでしょう。

しかし現時点では、
まだまだ不明な点があります。

現在判明している、
加賀谷さんの足取りを確認してみると、

  • 8月24日午前6時ごろ、
    自宅近くの防犯カメラに
    1人で歩く姿が写っていた
  • 8月25日午前0時ごろ、
    友人らとLINEを開始
  • 8月25日午前0時40分ごろ、
    LINEが未読になる。
  • 8月25日の劇団の稽古を
    無断欠席。
    さらに午後11時からの
    居酒屋のアルバイトも無断欠勤。
  • 8月26日の午後10時ごろ、
    加賀谷さんの遺体が発見される。

戸倉容疑者は
「事件直前に加賀谷さんを見かけ、
後をつけて
犯行に及んだ」
と供述していますが、
そうすると加賀谷さんの
LINEについての疑問が残ります。

また、24日の日中に
加賀谷さんのマンション付近で
戸倉容疑者が複数の防犯カメラに
写っていたことも判明しています。

さらにもう一つ、
事件当時の付近住民の証言

「25日の夜、酔っ払って
よろめいているような足音や
異常なドスンドスンという
音が聞こえた。
時間にして30分間くらい続いた。
上の階まで行って
玄関に耳を当ててみると、
女性の倒れ込むような音
『うー…何で…』という
うめき声が聞こえた。
男の声はしなかった」

この目撃証言は、
25日の夜9時~12時位の間
だったということです。

仮にこれが、戸倉容疑者が
犯行に及んだ際のものであったとすれば、
その後の加賀谷さんの
LINEについても疑問が残ります。

そうするとこの事件は、

  • 戸倉容疑者が加賀谷さんの部屋に
    侵入した時間
  • 加賀谷さんを殺害した時間

この2つが明らかにされることによって、
事件の全容が見えてくると思います。

事件を考察

これまでの調べで、
加賀谷さんと戸倉容疑者に接点は見られず、
顔見知りではなかったようです。

そうすれば加賀谷さんは、
たまたま戸倉容疑者の目に
映ってしまったが故に、
その命を奪われてしまったことになります。

いずれにしてもこの事件は、
目撃証言がほとんどないため、
後の戸倉容疑者の供述によって
その内容が明らかにされていくことでしょう。

今となっては戸倉容疑者が、
包み隠さず真実を話してくれることを
望むばかりです。

最後に、若くしてその尊い命と、
大きな夢を奪われてしまった
加賀谷理沙さんのご冥福を、
心よりお祈り申し上げます。
加賀谷理沙2

関連記事

・東京都中野区 加賀谷理沙さん殺害事件 犯人は逃走中!

・加賀谷理沙さん殺害事件 犯人は劇団員?
  ”ふりぃすたいる”・”FULL HOUSE”

・東京都中野区 加賀谷理沙さん殺害事件 犯人逮捕か?

スポンサーリンク
戸倉高広容疑者の供述の信憑性
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする