シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緒環健蔵容疑者(20)が起こしたのは交通事故なのか?

3月23日の未明、
東京都世田谷区の国道246号線、
『用賀1丁目交差点』で、
赤信号を無視して交差点に
進入した車が、ほかの車3台と追突、
1人が死亡してしまうという
大事故が起きました。

実はこの事故、
ただの交通事故ではなく
パトカーに追跡されていた乗用車が
その追跡から逃れようと暴走を繰り返し、
その結果として
起こってしまった事故だったのです。

事故の詳細が判明するにつれ
悪質さが際立っていく今回の事故。

この件について
考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

事故が起こったのは
3月23日午前1時40分頃。

場所は東京都世田谷区の
国道246号線・西行き車線。
『用賀1丁目』交差点でのことでした。

この事故が起こる少し前、
現場から東へ約1.7㎞の場所で
パトカーがテールランプがついていない
1台の乗用車を発見しました。

この車はアウディA6

警察は整備不良車両ということで、
この車の追跡を開始。

しかし車は停止するどころか、
追跡を逃れるように逃走を始めたのです。

車の逃走は次第にエスカレート。
速度を上げ、
周囲の車をかわすように蛇行運転
そのスピードは時速100㎞前後
達していたといいます。

そして赤信号を無視して
『用賀1丁目』交差点へ突入。

右方向から走ってきたタクシーに
激しく激突。
さらに前方の乗用車、
別のもう1台のタクシーに追突し、
大破してようやく停止しました。

この事故で最初に追突された
タクシーの運転手、
世田谷区祖師谷の
村松豪(むらまつ ごう)さん(49)が死亡。
さらに2台目の乗用車を運転していた
男性も、胸の骨を折る重傷。
また、同乗者の女性も
けがを負い、病院へ運ばれました。

事故を起こした乗用車(アウディA6)
運転していた男は、事故直後に
現場から走って逃走を試みましたが、
約100m先で取り押さえられました。

緒環健蔵容疑者(20)が逮捕される!

事故現場から
走って逃走を試みた男は、
当て逃げの現行犯
その場で逮捕されました。

逮捕されたのは、
住所、職業共に不詳
緒環健蔵(おだまき けんぞう)容疑者(20)。

緒環容疑者は現場から逃走時、
足を引きずっており、
その後、右足を骨折していたことが
判明しました。

また吸気からは、
基準値をはるかに超えるアルコール
検出されており、
緒環容疑者の車に同乗しており、
けがを負った少年2人からも
アルコールが検出されました。

緒環容疑者は
直前まで近くの飲食店で
飲酒していたことを認めており、
逃げたことに関しても、
『飲酒をしていたため』
などと、供述しています。

警察は逮捕容疑を、
『当て逃げ』から
『危険運転致死傷』に切り替えて、
詳しい事情を調べています。

なお、緒環容疑者は事故当時、
免許証を携帯しておらず
車は他人名義であったということです。

緒環健蔵 Facebook

時間と共に、かなり悪質な
交通事故であったことが
分かってきましたが、
『飲酒運転』
『速度超過での逃走』
『信号無視での事故』
『走って逃走』
これだけの悪行
一瞬にして犯してしまった緒環容疑者。
やはり今時の若者のようで、
Facebookを利用していました。

テレビの報道番組で
緒環容疑者の顔写真
Facebookのプロフィール画像から
使われていたこと、
名前が少し珍しかったことなどから、
容易に特定されたようです。

緒環健蔵 Facebook

緒環FB

緒環容疑者のFacebook
見てみると、
最後の投稿は2013年12月25日。

つまり10代の少年のもので
あるにもかかわらず、
その内容はとても
普通の10代の少年の物とは思えません。

また、あるサイトによれば、
緒環容疑者の親は、
暴力団関係者との情報もあります。

いずれにしても
20歳で住所・職業不詳、
免許証不携帯で飲酒運転。
他人名義のアウディA6を運転し
死亡事故を起こしているなど、
もはや普通とは呼べません。

事故の映像

この事故は付近に設置されたカメラ
通りがかったタクシーに
設置されたドライブレコーダー
さらに事故に巻き込まれた
タクシーに設置された
ドライブレコーダーにより、
鮮明にその瞬間が
映し出されていました。

以下のサイトで、
その動画を見ることができます。

FNN(少しCMが長いです)

NHK NEWS WEB

これらには事故の衝撃の大きさ
事故後に足を引きずりながら逃走する、
緒環容疑者の姿が
はっきりと記録されていました。

事件を考察

緒環容疑者が起こしたことは、
飲酒による交通事故であることは
間違いありません。

しかしこれまでに分かっている事実、

  • 飲酒運転
  • 逃走のための暴走
  • 免許証不携帯
  • 事故現場からの逃走

これらを見ていると、
もはや交通事故と
呼べるものではありません。

これは車を使った悪質な犯罪です。

緒環車いす

骨折した右足にギプスを巻き、
車いすに乗せられて送検される
緒環容疑者。

上の画像は緒環容疑者が
マスコミのカメラに気づき、
顔を背けた瞬間です。
(引用元:NNN)

殺害された(あえてこう表現します)
村松豪さんのことを思うと、
緒環容疑者のこの行動に、
何とも言えない怒りを感じてしまいます。

追記

その後の捜査で、
次々と驚くべき実態が
明らかになっています。

  • 事故当時、免許不携帯
  • 事故車両は知り合いから
    譲り受けたものだが、
    名義は他人のまま。
    (保険未加入?)
  • 事故当時の速度は130㎞/hだった。
スポンサーリンク
緒環健蔵容疑者(20)が起こしたのは交通事故なのか?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする