シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒木光湖容疑者を考察

4月1日、福井県黒丸町の下水処理施設、
日野川浄化センター内の処理場で、
乳児の遺体が見つかるという事件が
発生しました。

そして発見から5日が経過した4月6日、
死体遺棄の疑いで
28歳の女が逮捕されました。

「トイレで産んだ」

逮捕された28歳の女は、
このように供述しています。

つまりトイレで乳児を出産し、
そのまま流したというのです。
さらにその乳児は下水道を通り、
処理場で発見されました。

想像するだけでも
恐ろしくなるような内容ですが、
実はこの事件、
まだまだその詳細が
詳しく報道されていないのです。

スポンサーリンク

事件の概要

福井県黒丸町の下水処理施設、
日野川浄化センター内の処理場で1日、
プールの清掃をしていた作業員が
乳児の遺体を発見しました。

乳児は女児身長約30㎝弱
体重約500g
妊娠22~23週(5~6か月)
早産だったとみられています。

遺体にはへその緒が付いたままで
裸の状態で、
目立った外傷はなく
近くからは胎盤も見つかっています。

遺体が発見されたのは
福井市内からの下水がセンターに流入する
入口部分で、
大きな異物が流れ込まないようにする
10㎝間隔の格子に引っかかっていました。

日野川浄化センター

荒木光湖容疑者(28)

死体遺棄事件として
警察が捜査を進めていたところ、
聞き込み捜査などから
関与が浮上したのは、
福井市生まれ住所不定派遣社員
荒木光湖(あらき みつこ)容疑者(28)。

警察が6日、任意同行を求めたところ
容疑を認めたため、逮捕されました。

荒木容疑者は結婚しておらず
妊娠に関しては、
「通院歴はない」
と供述しており、
女児に関しては、
「福井市内の民間施設のトイレで産んで
そのまま流した」
と供述しています。

荒木光湖Facebook

荒木容疑者は各メディアで、
『福井市生まれの住所不定』
『派遣社員』
とだけ、報じられています。

非常に情報が少ない状況です。

そこで調べてみたところ、
本人のものと思われる
このようなアカウントが見つかりました。

荒木光湖Facebook
荒木FB

特徴のある名前や
福井市出身・在住と
記載されていることから、
荒木容疑者のもので
間違いないと思われます。

しかし投稿は2013年の10月23日、
『仕事探し中で働き始めました』
という一件のみ。
画像も登録されておらず、
友達も登録されていません。

自己紹介欄には
『出身校:いってないよ』
と記載されていますが、
基本データでは
『出身校:道守高校』
となっています。

そこで道守高校について
調べてみたところ、
勤労青少年が働きながら
高校教育を受けられるよう、
定通教育モデルスクールとして
設立されており、
『定時制』『通信制』
2つのコースで
教育を行っているようです。

事件を考察

ところでこの事件、
各報道によれば
このような内容が記載されています。

『警察は共犯者がいないか追及している』

確かにこの事件は、
いくつか疑問に感じる部分があります。

・荒木容疑者は福井市内の
民間施設のトイレ
(場所は公表されていません)
で乳児を出産し、
そのまま流したとされていますが、
果たして本当に
流れてしまうものなのか?

・遺体が下水道を通って、
施設まで流れつくものなのか?

そのため、隠された事実がある
というのが、警察の見方のようです。

また、ネット上の書き込みを見ていると
『生まれた赤ちゃんをトイレに流した』
といった内容のものが
多数見られますが、
この場合は少し違ってくるでしょう。

見つかった乳児は
体重500g身長は30㎝弱
妊娠5~6か月と推定されることから、
これは『流産』であったと思われます。

ただ問題なのは、
それが『偶然』のものであったのか?
『必然』のものであったのか?

いずれにしても
場所がトイレ内で、
医師の診断も受けていないことから、
『望まない妊娠』
であったことは
間違いないようです。

このような
『命を軽く扱ってしまう事件』は、
二度と起きてほしくないものです。

スポンサーリンク
荒木光湖容疑者を考察
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする