シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道七飯町・田野岡大和君行方不明事件 親の証言と大和君の行方

5月28日の夕方、
北海道七飯町(ななえ)東大沼の山林で、
小学2年生の男の子が
行方不明になる事件が発生しました。

「山菜取りの最中にはぐれた」

当初両親は警察にこのように通報。

しかしその後、
この通報内容はであったことが判明。
実は男の子は『しつけ』のために
両親に置き去りにされていたことが
発覚しました。

スポンサーリンク

事件の概要

5月28日の午後5時ごろから
行方不明になっているのは、
北海道北斗市追分の小学2年生、
田野岡大和(たのおか やまと)君(7)。

田野岡大和

大和君は両親の一家4人で
鹿部町の公園に車で日帰り旅行に
訪れていたといいます。

父親の証言によれば
川遊びなどをしていた後、
大和君が車道に向かって
石を投げていたため注意したが
反省の色が見えず、
また大和君は以前にも車に石で
傷をつけたことがあったため、
「父親としての威厳を示さなければ」
ということを思いついたようです。

そこで父親は自宅へ帰る途中、
七飯町にある駒ヶ岳の麓の山林に立ち寄り
「反省しなさい」
と言いつけ、大和君を車から降ろしました。
しかし大和君が泣きながら
車を追いかけてきたため
一度は車内に入れたものの、
約500m先の三叉路で再び大和君を
車から降ろしたといいます。

その後しばらく車を走らせたあと、
父親は車を止め、5分ほど歩いて
大和君を迎えに行きました
しかし姿が見えず、
家族全員で約30分探しても
見つからなかったため
警察に通報しました。

父親の証言により置き去りが発覚

父親は当初警察に対し、
「山菜取りの最中に子供とはぐれた」
と説明していました。
また山菜とは『ふき』であることを
話していましたが、
ふきを持っていなかったことを
問い詰められ、
大和君を置き去りにしたことを
認めたといいます。

また当初、警察に対し
事実と違う説明をしたことに関しては
「本当のことを言うと(虐待をしたなどと)
 疑われるかもしれず、
世間体を気にした」
と話しています。

田野岡大和君の行方は?

行方不明から既に
3日以上が経過しましたが、
いまだ大和君は
発見されていないどころか
手掛かりすらつかめていません。

そこで大和君の行方を追う上で参考となる
これまでの報道で気づいた点を
見ていきたいと思います。

父親の実名と顔画像が報道される

行方不明当初は
大和君の父親の実名等は伏せられ、
『父親(44)』
とだけ報道されていましたが、
『置き去り』
と虚偽の通報が発覚したことにより
父親の実名が報道されることになりました。

また、メディアが父親に
大和君が行方不明になった
当時の状況を取材、
その様子がネット上で
公開されたことにより、
父親の顔画像が公開されました。

田野岡貴之さん(44)
tanooka
引用元:NNN

大和君の行方不明時の服装

行方不明になった時の大和君の服装
時間の経過と共に、
異なった内容で紹介されていました。

  1. Tシャツにサンダル姿(tv-asahi)
  2. 緑と白のシャツにジーンズ
  3. 胸にアルファベットの入った
    黒い上着
    紺色のジャージズボン
    赤い運動靴(TBS)

この一連の変化に対し、ネット上では
疑いの声も上がっているようですが、
最終的に大和君は置き去りにされる前に
車の中で着替えたとも伝えられています。

このように大和君の服装が
変化してしまった理由としては、

  • 当初、貴之さんが
    虚偽の証言をしていたため
  • メディアが急いで情報を伝えたため

このような理由が考えられます。

ただ、現在公開されている
行方不明当日、川遊びの際に
撮影したといわれる写真。

田野岡大和2

一般的には

  • 白のタンクトップ
  • 緑と白の半ズボン

このように報道されてもよさそうですが、
この服装が、当初の報道のどれとも
一致していないのは気になるところです。

置き去りにされた三叉路と戻った5分

大和君が置き去りにされた場所は
三叉路であり、
現在は捜査本部が置かれています。

ただ三叉路ということで
ここにも疑惑の目が向いたようですが、
例え子供と言えど
道に迷ってしまうことはなさそうです。

現地の様子を調べてみたところ、
一方は日帰り入浴ができる
温泉旅館への一本道

そしてもう一方は
大沼湖畔へと続く道で、
湖畔にはキャンプ場もあります。
29日に現地へ行ったという人の情報によれば
日曜日でも多くのキャンプ客が見られたため、
大和君が行方不明になった土曜日には
多くのキャンプ客がいたと思われます。

またこの道の途中には
左方向へ行く道が一本ありますが、
その先には民家もあります。

そして大和君が置き去りにされ、
貴之さんが現地に戻るまでの時間は約5分
5月31日時点の報道では
『5~10分』
となっているため、
これについても疑問の声が
多数あがっています。

しかしこの程度の時間の認識のずれは、
実際に測っていたわけでもないため
十分にあり得ることだと思われます。

ただそれ以上に不思議なのは
たったこれだけの時間で、
7歳の子供が影も形もなく
消えてしまったという事実です。

これまでの情報から考えると、
大和君は一度車を降ろされた後
泣きながら車を追いかけてきています。
ということは二度目に車を降ろされた後も
同じ行動をするというのが
一般的な見方です。
だとすればいずれは人目につく場所に
たどり着き、いずれそれなりの
騒ぎなっていたはずです。

しかし31日の夜になっても
大和君が発見されていないどころか、
何の手がかりも発見されていません

事件を考察

大和君が行方不明になってから
72時間が経過した31日午後5時過ぎ、
雨のため捜索が打ち切られました。

また七飯町が陸上自衛隊に
災害派遣を要請したため、
6月1日の捜索には陸上自衛隊も加わり
約185人態勢で再開されるということです。

貴之さんが当初
虚偽の通報をしていたことや、
その後の情報が変化していることなどから
ネット上では様々な憶測が飛び交っています。

しかしどんな情報よりも重要なことは、

『7歳の子供がほんの短時間の間に
何の痕跡もなく消えてしまった』

『72時間が経過した後も、
発見されるどころか
手がかりすらつかめていない』

この事実をよく考え見直してみれば、
大和君発見の
手がかりになるかもしれません。

そして何より、
無事に発見されることを
心の底からお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
北海道七飯町・田野岡大和君行方不明事件 親の証言と大和君の行方
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする