シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ”写真カプセル”で逮捕者続出?

動画や写真の共有アプリ、

“写真カプセル”で少し問題が

起きています。

8日、京都府警に

大阪府西成区の私立高校1年の

女子生徒(15)と

東京都立川市の都立高校3年の男子(17)が

書類送検されました。

容疑は、

“児童買春・児童ポルノ禁止法違反”

昨日記事にした、

“すき家”の一件もそうですが、

最近この類の事件が増えているようです。

スポンサーリンク

“書類送検の内容は?”

・女子生徒(15)

昨年10月、”写真カプセル”に、

“スマホ”で撮影した、

自分自身の”わいせつな動画”

1本を投稿。

・男子生徒(17)

昨年9月4日~11日の間に、

女児(7~13歳)の画像3点を

“写真カプセル”に投稿し、

不特定多数が

閲覧可能な状態にした。

“写真カプセルとは?”

“写真カプセル”とは、

“投稿者”が”合言葉”を設定し、

動画や画像を

“特定のファイル”に保存できる仕組みに

なっています。

基本、利用するには、

“ID”を登録するだけ。

・秘密のパスワードを設定して写真を投稿。

・秘密のパスワードを入力して

写真を受信(ダウンロード)。

本来の”使用用途”は、

親しい友人や、家族、カップル間などで、

複数の動画や画像を”共有”するものです。

投稿から14日間はサーバーに保存され、

投稿者が設定した120時間以内の

“無料時間内”は、

“秘密のパスワード”を入力するだけで、

誰でも閲覧、ダウンロードが可能です。

しかしそれ以降は”カギ”が

必要になります。

この”カギ”はアプリ内で

“有料”で販売されており、

“カギ”を購入すれば、

誰でも”閲覧、ダウンロード”可能に

なるのです。

さらに”カギ”の購入費用の15%が

“投稿者”に”ポイント”として付与され、

“ギフト券”などに

交換することができます。

そのため、

“ポイント獲得”を狙って、

不特定多数の人間が閲覧したくなるような、

動画や画像を投稿する人も多数見られます。

今回の事例で見てみれば、

男子生徒が、約10万円相当のギフト券、

女子生徒が、約1万円相当んギフト券に

交換しており、

“高校生のお小遣い”としては、

かなり”多額”と言えるでしょう。

“児童買春・児童ポ”ルノ法違反”

この法律において”児童”とは、

“18歳に満たない者”のことを言います。

従来、インターネット等で、

ここまでの措置が取られることは

少なかったのですが、

昨年辺りから、

取り締まりが厳しくなっています。

その背景は

昨年6月5日に衆議院本会議で可決された、

“改正案”。

これにより今年の7月から、

児童ポルノを所持しているだけの、

“単純所持”も処罰の対象になります。

つまりインターネット等で

“ダウンロード”し、

“保存”しているだけで

“違法”となるのです。

今回の”書類送検”も、

このような”法改正”が背景にあり、

“取り締まり強化”

を世間に”周知”させることも

目的の一つだと思われます。

“今回の事件を考察”

実は、”写真カプセル”を巡っては、

昨年も神奈川県座間市の中学3年の

男子生徒(14)が書類送検されています。

この男子生徒は、

昨年の7月ごろからはじめ、

10回ほど投稿を繰り返していました。

別の投稿者が”有料投稿”していた画像を

“再投稿”していたため、

“ポイント”は別の投稿を

ダウンロードするために使い、

ギフト券の交換等はしていませんでした。

世の中にはこのようなシステムが

多数存在し、

誰でも気軽に利用することができます。

もちろん運営者側も

“利用規約”等で規制し、

“ID削除”などの措置も取ってはいますが、

対応しきれないのも現状のようです。

そこへ”未成年”が足を踏み入れ、

“逮捕”、”書類送検”等の

“傷”を残しています。

“すき家”の一件でもそうですが、

“投稿する側”にもちろん責任はありますが、

“それを望む閲覧者”にも

問題があるのではないのでしょうか?

今回書類送検された2人が得たポイントは、

“約11万円相当”

付与されるポイントは15%ですので、

動画や画像を閲覧するために、

“約73万円”のお金が

使われたことになります。

どちらにしても、

“未成年”がこのような事件で

“傷”を残すような社会の在り方に、

少し”悲しみ”を感じてしまいます。

参考:“写真カプセル”

スポンサーリンク
スマホアプリ”写真カプセル”で逮捕者続出?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする