シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府豊中市芝原町5で交通事故 中村恵美容疑者の証言と行動

5月20日午前7時50分頃、

大阪府豊中市芝原町5丁目の市道で、

登校中の私立桜谷小学校の児童の列に

乗用車が突っ込み、

1~6年生の男子児童6人と、

自転車で通行中の女性(40)の

計6人がけがをする事故が起きました。

車を運転していたのは、

豊中市宮山町2丁目に住む会社員、

中村恵美容疑者(50)。

被害者のうち、

小学校1年の男児(7)は、

意識不明の重体。

情報を集めていると、

不自然な点があるように思えるのです。

スポンサーリンク

“交通事故の状況”

事故が起こったのは、

大阪モノレール芝原駅から

北東約600mの住宅街。

道幅・約7.6mの片側一車線の市道で、

歩道はありませんでした。

児童5人はが道路の右端を

歩いていたところに、

後ろから中村容疑者の運転する車が

突っ込んでしまいました。

目撃者の証言によれば、

中村容疑者の車が、

前方で右折待ちをしていた車を

避けようとして、

対向車線にはみ出し、

児童らをはねたということ。

この事故で、

・小学1年の男児(7)が意識不明の重体

・小学6年の男児2名が、

腰や太ももの骨折の重傷

・小学2年の男児2名が軽傷

・自転車に乗っていた女性(40)が軽傷

以上の6名の方被害に遭われてしまいました。

中村容疑者は、

中学1年の長女(12)を

最寄りのバス停まで送り、

自宅に戻る際に事故を起こしています。

“疑問だらけの事故状況”

事故状況を調べてると、

いくつかの疑問点があることに

気づきます。

そこで、写真を見ながら

見ていきたいと思います。

まず、事故が起こったのは

こちらになります。

大阪府豊中市柴原町5

そして実際の事故現場。

豊中市005

目撃証言を元に、

中村容疑者の車の、

走行軌跡をたどると、

赤線のようになります。

そして児童らと接触したと

思われる現場です。

豊中市004

車の後方にランドセルが落ちており、

ここで児童らに接触したと思われます。

さらに悲惨なことに、

児童2名が車の下敷きになり、

付近住民らが車を持ち上げて、

救出したとのこと。

つまり画像からも分かるように、

中村容疑者の車は

児童らに接触した後、

そのうち2名を5~6m引きずった後、

下敷きにしたことになります。

そして現場検証の様子と、

車の破損状況が分かる画像です。

豊中市001

豊中市002

豊中市003

豊中市006

特に3枚目、4枚目の画像を見れば

良くわかりますが、

かなり酷い破損状況です。

また、一部報道にあるように、

“道路にブレーキの跡”がありません。

ここから推測できるのは、

“ノーブレーキで突っ込み、

ポールに当たって止まった”

ということです。

また、

“右折車を避けようとして、

対向車線にはみ出した”

という目撃証言がありますが、

普通であれば、

“右”ではなく、”左”に避けるでしょう。

これらを元に、

個人的な見解を述べると、

“前方不注意”、”居眠り”あるいは、

“携帯電話やカーテレビへの注視”、

これらのどれかが原因で、

事故を起こしてしまったのでは?

そう思えてしまいます。

“止まろう”という”痕跡”が

全く見られないことから、

“何らかの行動の末の事故”ではなく、

“意識外で起こした事故”、

私にはそう思えてならないのです。

“中村容疑者の行動と証言”

この事故を受け、

新聞社の取材に応じた

中村容疑者の母(75)は、

以下のように語っています。

「娘から

『子供をはねる大変な事故を起こしてしまった』と

動揺した様子で電話があった。子供たちに申し訳ない」

しかしこの母親への電話が

問題視されています。

“事故直後、中村容疑者は

車から降りて児童の救出をせず、

車内で電話をしていた。

さらにその電話は救急より先に、

親族にしたものであった”

現に豊中市消防本部は、

通行人からの

「交通事故があった。

小学生がけがをしている」

という119番通報で出動しています。

そして豊中警察署の発表では、

「なぜ事故を起こしたのか

よく思い出せない」

「ブレーキを踏んだかどうか

覚えていない」

などと供述しているようです。

これだけの”衝撃”を生み出す事故を、

“思い出せない”、”覚えていない”

というのは、

何か事情でもあるのでしょうか?

“事故を考察”

“交通事故”は

今の社会で”ゼロ”にすることは、

当然のことながら不可能でしょう。

しかしここ近年、

今回の事故と類似した事故が

多発しています。

“小学生の列に突っ込む”

一昔前までは、

これほど頻繁に

起こっていなかったはずです。

これはやはり、

“現代社会の何か”が原因で、

このような事態を

引き起こしているのでしょう。

また、中村恵美容疑者の、

無責任な行動と発言。

起こったことは事実であり、

なかったことにはなりません。

せめて一人の人間として、

自分の行動、発言に責任を持ち、

罪を償うべきではないでしょうか?

現在も重体が続いている、

1年生の児童。

どうか回復されますように。

及ばずながら祈っています。

”追記”

5月21日

本日、明らかになりましたが、

中村容疑者は取り調べに対し、

「事故前に、道を間違えた」

「なぜ事故を起こしたのか思い出せない」

と供述しているようです。

まだまだ事故原因の解明には

ほど遠い内容ですね。

5月22日

新たな情報で、

中村容疑者が

急な目まいなどを起こす持病を

抱えていたことがわかりました。

これは中村容疑者の所持品から

服用薬とみられる錠剤が

見つかったことによるものです。

しかし事故当時の、

「覚えていない」

という供述は

変わっていないようです。

ただし、この持病は、

自動車運転処罰法の

危険運転致死傷罪の対象には

含まれないとみられています。

また、本当に”目まい”が起きていれば、

真っ先にそう証言するでしょう。

スポンサーリンク
大阪府豊中市芝原町5で交通事故 中村恵美容疑者の証言と行動
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする