シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪豊中市服部西町1、滝畠裕美さんを切りつけた上原亮宏の動機

5月27日午後2時すぎ頃、

男の声で、

「刃物で人を切った」

という110番通報がありました。

場所は大阪府豊中市服部西町1丁目の

マンション。

大阪府豊中南署の警察官らが

現場に駆け付けたところ、

このマンションに住む

滝畠裕美さん(33)が、

6階の通路で首から血を流して倒れており、

その側には、

滝畠さんの息子(1歳7か月)が

血まみれの状態で発見されました。

事件を起こしたのは、

滝畠さんと同じく

このマンションンの6階に住む、

無職・上原亮宏(うえはら あきひろ)容疑者(53)。

110番通報の声の主でした。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が起こったのは、

大阪府豊中市服部西町1丁目の

マンションの6階。

阪急宝塚線の服部天神駅の

すぐ側です。

”参考”

服部西町1丁目豊中市

「刃物で人を切った」

という110番通報を受けて、

警察官が現場に駆け付けたところ、

マンション6階の通路で、

このマンションの6階に住む、

滝畠裕美さん(33)が

首から血を流して倒れていました。

またその側には、

滝畠さんの息子(1歳7か月)が、

血まみれの状態で発見されました。

滝畠さんは病院に運ばれましたが、

残念ながら、

約2時間後に死亡が確認されました。

1歳7か月の息子は、

血まみれの状態ではあったが、

傷は軽傷で、

命に別所はありませんでした。

また警察は、

110番通報してきた、

滝畠さんの隣に住んでいる

無職・上原亮宏(うえはら あきひろ)(53)を

現行犯逮捕しました。

上原亮宏の供述と動機

上原容疑者は、

警察の調べに対し、

以下のように供述しています。

「数日前に滝畠さんの長男が

玄関を叩いたので、

文句を言いにいった。

2人と1階で同じ

エレベーターに乗り、

6階で降りた際に襲った。」

「殺すつもりはなかった」

さらに意味不明の供述も。

「(何者かに)ストーカーされたり

カメラで監視されている」

これらの証言を考えてみると、

犯行の動機は

”騒音トラブル”が

原因と思われます。

「玄関を叩いた」

と供述していますが、

滝畠さんと上原容疑者は

同じ階に住んでおり、

部屋は斜め向かいのようです。

もしかすると

「叩いた」のが数回だったり、

日常的に子供が発する”音”に、

苛立ちを覚えていたのかもしれません。

また、

「数日前に玄関を叩いたので

文句を言いに行った。」

という供述からは、

犯行日より以前に

滝畠さんに文句を言いに行ったと

考えられます。

あるいは

犯行直前かもしれません。

もしかするとその時の

滝畠さんとのやり取りが、

犯行を実行した原因に

なったのかもしれません。

さらに

「2人と1階で同じ

エレベーターに乗り、

6階で降りた際に襲った。」

という供述からは、

犯行を計画し、

1階で滝畠さんを待ち伏せしていた?

そして6階で降りたところを、

隠し持っていたサバイバルナイフで

凶行に及んだ?

もしかするとエレベーター内で、

再度、滝畠さんに文句を

言ったのかもしれません。

そしてそれが原因で

犯行に及んだ?

以上のような可能性が

考えられそうです。

あと一つ気になるのは、

「(何者かに)ストーカーされたり

カメラで監視されている」

という、少し意味不明な供述。

ひょっとすると、

”被害妄想”等の

心の”病”を抱えているのかもしれません。

となるとまたしても、

”精神鑑定”、”責任能力”で

議論を巻き起こしそうです。

今後の捜査でこれらは

明らかになっていくでしょう。

事件を考察

残念ながら亡くなられた滝畠さんは、

夫(42)と現場に居合わせた長男との

3人暮らしでした。

幼い子供を残し、

この世を去ってしまった滝畠さん。

その無念さを考えると、

やりきれない思いです。

そして発見時の状況を考えると、

上原容疑者は

子供の目の前で母親に襲い掛かったのは

間違いないでしょう。

また、子供が血まみれだった理由も、

願わずも想像できてしまいます。

上原容疑者の最後の供述が気になりますが、

早期の内容の究明と、

上原容疑者の処罰を希望します。

大阪府豊中市では、

先日も子供が犠牲となる

大きな交通事故が起きています。

この事件との因果関係はありませんが、

”未来ある子供”が犠牲になる社会は

見ているのも辛くなります。

最後に、この度犠牲になられた

滝畠裕美さんのご冥福を

心よりお祈り申し上げます。

追記

5月28日

亡くなられた滝畠裕美さんのご主人(42)と

上原容疑者の間には、

”以前からトラブルがあった”

との情報が出てきました。

詳しいことが分かり次第、

ご報告したいと思います。

更なる悲劇

その後の調べで、

被害にあわれた滝畠裕美さんは、

全身を十か所以上

刺されていたことが分かりました。

さらに妊娠3か月だったと

いうことも、、、、、

残念でなりません。

スポンサーリンク
大阪豊中市服部西町1、滝畠裕美さんを切りつけた上原亮宏の動機
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする