シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塩原温泉”不動の湯”が無期限閉鎖。さくら企画の動画や画像が原因

栃木県那須塩原市の

”塩原温泉”にある”共同露天風呂”、

”不動の湯”と”不動の足湯”が、

6月1日より

”無期限閉鎖”となってしまいました。

これは5月31日に、

塩原温泉公式ホームページ

”源泉遺産 塩原温泉郷”で発表されました。

”森の中にある露天風呂”ということで、

人気スポットだっただけに、

各方面から”残念”の声が多数上がっていますが、

”無期限閉鎖”の理由が、

”盗撮やビデオ撮影等の

風紀を乱す行為が絶えず、

行政や観光協会などに

苦情が相次いだため”

というものです。

スポンサーリンク

塩原温泉 ”不動の湯”

栃木県那須塩原市の塩原温泉を流れる

箒川(ほうきがわ)から、

散策道を50メートルほど

山の中に入ったところにあります。

塩原温泉の露天風呂は、

そのほとんどが

箒川の川沿いに位置しているが、

”不動の湯”は森の中にあり、

目の前が渓流となっているため、

”人気スポット”となっています。

管理人はおらず、

入浴料の”200円”は、

入口の料金入れに

投入するようになっており、

これまでは”利用者の善意”によって

運営されてきました。

”参考地図”

ストリートビューはこちらです。

”非日常的な風景”が人気を呼び、

週末には朝から順番待ちができるほどの

人気がありました。

”無期限閉鎖”の原因

”不動の滝”及び”不動の足湯”が

無期限閉鎖となった理由は、

約1年前くらいから週末になると

”他府県ナンバーの車でやってきた、

男女数十人のグループ”が、

”風紀を乱す行為”をしており、

これに対する苦情が相次いだため。

具体的には、

”盗撮”や”ビデオ撮影”になります。

また、そのグループとは別に、

”ワニ”が大量発生していました。(汗)

ここでいう”ワニ”とは、

”女性の裸体を見る目的で温泉に行く男性” のこと。

水中で”目”と”鼻先”だけを出して、

獲物ゆっくり近づく。

まさにこんな感じでしょうか?

ワニ

さらに、

”財布”や”女性の下着”の盗難、

”車の路上駐車”、

”ごみの散乱”

などの問題も起きており、

当面の間、温泉の湯は

全て抜かれることになります。

不動の湯を管理運営する、

福渡自治会の田代茂樹会長は、

「県のポスターでも紹介されている

観光資源だけに、苦渋の決断だった。

しかしこのまま放置すれば、

観光地のイメージダウンにも

つながりかねない」と

今回の決定に対する思いと、

”塩原温泉”を守り抜こうという気持ちを、

語っておられます。

犯人は”さくら企画”?

無期閉鎖のきっかけとなった、

”他府県ナンバーの車でやってきた、

男女数十人のグループ” ですが、

ほぼ間違いなく特定されています。

ビデオ制作・出版会社の、

”さくら企画”です。

ネット上でもかなりの情報が流れていますが、

”さくら企画 画像”で検索すれば、

不動の湯で撮影されたと思われる画像が、

多数発見できました。

さらにネットでの情報です。

この温泉施設は、

誰でも利用できますが、

当然、最低限のルールは

守られなければなりません。

一部の心無い人たちのために、

素晴らしい温泉が

利用できなくなってしまうのは、

本当に残念なことです。

スポンサーリンク
塩原温泉”不動の湯”が無期限閉鎖。さくら企画の動画や画像が原因
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする