シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015早慶戦ポスターのチアの名前が判明!かわいいと評判の学生だった!

早大が歴代タイとなる、

44度目のリーグ優勝を決めた早慶戦。

2015年東京六大学野球伝統の一戦ですが、

今年は場外でも盛り上がりを見せました。

それは早慶戦に向けて制作されたポスター。

全部で5つのバージョンが用意されましたが、

その中の”チアリーダーバージョン”。

これに映っている女性が

”かわいい”と話題になっています。

スポンサーリンク

チアリーダーの女性とは?

チアリーダーバージョン

早慶戦チアリーダー

”ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶応さん”

”ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん”

キャッチフレーズは、

いかにも相手を挑発していて、

”少し過激?”かもしれませんが、

これも早慶戦を盛り上げるための

企画だったそうです。

ところで気になる二人の女性の名前ですが、

早稲田大学:法学部4年生、小川遥香さん

慶應義塾大学:商学部4年生・池田恵梨子さん

お二人ともかわいいのは

言うまでもありませんが、

これも企画なのか?

タイプの違う女性を採用していること。

これによって”対戦”が

一層引き立っているように感じます。

さらにその表情からは、

”相手を憎しむ”と言うより、

”対戦が楽しみ”といった

雰囲気が読み取られ、

どこかしら爽やかさも

感じられてきます。

早慶戦を盛り上げた5つのバージョン

今回の早慶戦ポスターは、

全部で5つのバージョンが用意されました。

それではキャッチフレーズと共に、

残り4つのバージョンを見てみたいと

思います。

野球部員

早慶戦選手

”早稲田から勝ち取る優勝に、意味がある”

”慶應に負けた優勝など、したくない”

リーダー部員

早慶戦応援団

”早稲田の勝利しか、見えない”

”それは視野せまい”

吹奏楽部員

早慶戦吹奏楽団

”トラウマになるまで吹いてやる。若き血を”

”思うぞんぶん吹かせてもらうよ、紺碧の空を”

マスコット

早慶戦マスコット

”一塁側のため息が、イチバンのごちそうだよ”

”敗戦後の三塁側は冷え込むので、ご自愛するのである”

それぞれのポスターと、

それぞれのキャッチフレーズが、

絶妙にマッチしています。

また、選手だけではなく、

参加している全ての人たちが

共感できる。

そんな仕上がりを見せています。

早慶戦ポスター制作の経緯とその効果

今回のポスターの発案は、

慶大応援指導部の堤史門主将と、

同部OBでコピーライターの近藤雄介氏。

早大・斎藤佑樹選手の卒業後から、

動員が減少傾向にある早慶戦を

盛り上げようと企画したのが事の発端でした。

撮影は5月12日に都内のスタジオで

おこなわれ、

経費は全て込みで5万円。

結果、動員数は、

初戦・3万4000人

2回戦・3万人

2日間で6万4000人を集め、

超満員でした。

伝統の一戦は、早大の勝ち点5で

完全勝利という結果で幕を閉じました。

次の舞台は8日に開幕する、

全日本大学野球選手権

早大は3年ぶりの

日本一に挑戦します。

スポンサーリンク
2015早慶戦ポスターのチアの名前が判明!かわいいと評判の学生だった!
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする