シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県刈谷市”逢妻川”、高校生行方不明事件 15歳の少年は知立高校の生徒? 

6月6日、午後11時10分頃、

愛知県刈谷市逢妻町3丁目の

逢妻川(あいづま)で、

「友人が溺れて姿が見えない」

と、女性の声で110番通報がありました。

警察が現場へ駆け付けたところ、

男女合わせて10名が現場に集まっており、

刈谷市に住む公立高校1年の男子生徒(15)が、

川に入ったまま行方不明に

なっていることが分かりました。

警察の調べによると、

このグループの内、少年3名が

男子生徒(15)に集団で暴行を加え、

その後、川を渡るように命令。

男子生徒は逢妻川を横切る途中、

「もう無理」

という言葉を最後に

姿が見えなくなりました。

スポンサーリンク

事件の概要と犯行の動機

事件が起こったのは、

愛知県刈谷市逢妻町3の逢妻川河川敷。

PK2015060802100010_size0

行方不明になっているのは、

刈谷市に住む公立高校1年の男子生徒(15)。

この日15歳の少年は、

仲間数人と共に、名古屋熱田区で開かれた

”熱田まつり”に出掛けました。

この祭りの最中、

15歳の少年が会場で出会った、

初対面の女性に声をかけました。

しかしこの15歳の少年には交際相手が存在し、

それを見ていた仲間が腹を立て、

少年に暴行を加えることになったのです。

15歳の少年に腹を立てた仲間は、

知り合いの高校生と

土木作業員の少年に連絡を取り、

逢妻川の堤防で合流した後、暴行。

その後15歳の少年に、

「川を泳いで渡って、

戻って来たら許してやる」

と、命令。

15歳の少年は

自分でズボンのベルトを外して靴を脱ぎ、

しかし服は着たまま川に入っていきました。

しかし反対側の川岸へ泳いで向かう途中、

「もう無理」

という言葉を残して、

姿が見えなくなりました。

暴行を加えた少年らは、

「助けるために川に入ったが、

見つからなかった」

と、供述しています。

現場に居合わせた10名のうち、

一人の女性が、

15歳の少年が溺れたことに気付き、

110番通報しました。

15歳の少年は知立高校の”なおや”さん?

今回の事件を調べていると、

気になる”ツイート”を発見しました。

そこで、事件現場と

愛知県立知立高校の位置関係を調べてみると、

このようになります。

距離でいうと、約7㎞。

車で20分以内の距離です。

位置的には十分考えられるでしょう。

ただ、これはあくまで情報の一つであり、

確定しているわけではありません。

近隣には、

・愛知県立刈谷工業高校

・愛知県立刈谷北高校

・愛知県立刈谷高校

・愛知県立刈谷東高校

なども存在しています。

しかし、この”ツイート”が、

個人名までも記載しており、

”川遊び”というのが気になりますが、

関連性が気になるところです。

なくならない”少年犯罪”

今回の事件では、

15歳の少年に暴行を加え、

川に入るよう命令したとして、

3人の少年が逮捕されています。

・私立高校生(16)

・土木作業員(15)

・中学生(14)

”集団暴行”、”河川敷”、”川に入るように命令”。

これらを見ていると、

今年2月に多摩川河川敷で起きた、

”上村遼太君の事件”を

思い出してしまいます。

この2つの事件は、

経緯や現場、背景が類似しており、

これは果たして偶然なのか?

唯一違うところは、

”助けようと試みたこと”

”現場の一人が110番通報したこと”

おそらく15歳の少年の

「もう無理」という言葉、

姿が見えなくなったことで、

我に返ったのだと思われます。

また現場には、

15歳の少年の交際相手も居合わせており、

おそらくこの女性が、

110番通報したと思われます。

一時の感情で行動し、

集団であることでエスカレートしてしまう。

昔から、イジメや集団暴行というものは

存在します。

しかし、”限度”、”歯止め”というものが、

近年あまり見受けられません。

取り返しのつかない事態に陥ったり、

”犯罪”になってから気付いてします。

それでは遅すぎるのですが、

これも”現代社会の病”と

言えるでしょう。

未だ、15歳の少年は、

必死の捜索にかかわらず、

行方不明のまま

発見されておりません。

愛知1

引用元:時事ドットコム

愛知2

引用元:中日新聞

一刻も早く、

15歳の少年が発見されることを、

心の底から願います。

6月9日、追記

本日、溺れた現場から

350m下流で、遺体が発見され、

行方不明だった15歳の少年であることが

確認されました。

亡くなったのは刈谷市一ツ木町の

吉田達哉(よしだ たつや)さん(15)。

目立った外傷はなかったということですが、

最悪の結果となってしまいました。

残念ながら、

ツイッターの情報は

正しかったようです。

亡くなられた吉田達哉さんのご冥福を

心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
愛知県刈谷市”逢妻川”、高校生行方不明事件 15歳の少年は知立高校の生徒? 
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする