シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

能年玲奈の”洗脳騒動”、小泉今日子が手を差し伸べる?

NHK連続テレビ小説、

“あまちゃん”

で主演の”天野アキ”を演じ、

一躍国民的ヒロインにのぼりつめた

能年玲奈さん(21)。

しかし最近、

突然報じられた”洗脳疑惑”

先日は”フライデー”にて

画像付きで報じられるなど、

騒動が過熱している様子。

そこでこの騒動の内容と、

“ある大物女優”について調べてみました。

スポンサーリンク

“能年玲奈のプロフィール”

生年月日:1993年7月13日

出身地兵庫県神崎郡神河町

血液型:A型

身長162cm

所属事務所:レプロエンタテイメント

・2006年

第10回二コラモデルオーディション

にてグランプリを獲得。

・2010年

映画”告白”で女優デビュー。

この映画ではセリフは

ありませんでした。

・2013年

NHK連続テレビ小説

“あまちゃん”のヒロイン

天野アキ役に、

オーディションで

1,953人の中から選ばれる。

劇中のセリフ、

「じぇじぇじぇ」は

“2013年新語・流行語大賞”の

年間大賞を受賞。

同年、第64回紅白歌合戦では、

“紅白PR大使”も務めました。

“個人事務所設立”

能年さんは2015年1月、

“三毛&カリントウ”

という会社を設立しました。

少し変わった名前ですが、

能年さんがデザインしたキャラクター

“カリントウ”のグッズなどを

販売するのが目的とされています。

しかし業務内容の中に、

“芸能プロダクションの経営”

という項目があり、

“実質的な個人事務所?”

との噂がひろまりました。

さらに所属事務所である

“レプロエンタテイメント”に

報告されておらず、

“独立騒動”へと発展しました。

“洗脳騒動”

“三毛&カリントウ”の設立。

これは能年さんが独断で

計画したとはとても思えません。

そこで一人の人物が浮かび上がってきました。

“滝沢充子氏(53)”

演出家であり、

能年さんがブレイクする前から、

演技指導を担当している人物。

新人だった能年さんに、

「あなたは女優をやらないと生ゴミね」

と言い放ち、

“生ゴミ先生”と自称している人物です。

この滝沢氏が、どういうわけか

“三毛&カリントウ”

の取締役になっているのです。

しかも現在は東京・新宿区の商業ビルで

同居しており、

さらには”フライデー”に

“手つなぎデート”を

画像付きで報じられました。

また他の目撃情報によれば、

能年さんは常に滝沢氏の手を握り、

あるいは腕を絡ませ、

満面の笑みでベッタリ身を寄せ、

キスをするように唇を

近づける場面もあり、

まるで”恋人同士”の

ように見えていたようです。

能年さんは滝沢氏のことを

かなり慕っており、

滝沢氏によれば、

「私は彼女のご両親に頼まれて

身の回りの世話を

しているだけです」

とのことですが、

先の”会社設立”の件もあり、

世間では

“洗脳”とみる声が多いようです。

これには

“オセロの中島知子さん”の一件も

影響しているように思えます。

“能年玲奈とレプロエンタテイメントの確執?”

“週刊文春”は能年さんに対する

事務所の”冷遇ぶり”を指摘しています。

“あまちゃん”時代の月給は

なんと驚きの5万円!

拘束時間が長く、

過密スケジュールの中でも

事務所のフォローはありませんでした。

洗濯の時間も取れず、

替えの下着も切れてしまう状況。

購入しようにも財布の中には

“200円”しかなく、

下着すら買えない。

この”冷遇”のきっかけになったのが、

同じ事務所の”川島海荷さん(21)の存在。

事務所代表の本間憲さん自らが

才能を見出し、

肝入りで大々的に売り出した。

実はこの川島さんも

“あまちゃん”のオーディションに

参加していたのです。

しかし選ばれてブレイクしたのは、

滝沢氏にベッタリの能年さん。

こういった背景が

“能年さんへの冷遇”の

きっかけだったと

関係者は見ているようです。

さらに本間代表の意向で

能年さんには仕事が回ってこない

という情報も出ています。

“能年玲奈は芸能界から干される?”

すでに業界ではこういった見方も

出てきているようです。

事務所の”冷遇”にしびれをきらし、

無断で会社を設立した能年さん。

そしてそれに滝沢氏が協力しているのは、

間違いなさそうです。

しかしレプロエンタテイメントは

業界最大手と言われている、

“バーニングプロダクション”の系列です。

滝沢氏にその圧力を跳ね返す

後ろ盾はありません。

もしこのまま”けんか別れ”と

なってしまえば、

確実に芸能界から

干されてしまうというのが、

業界関係者の見方です。

さらに”洗脳騒動”そのものが、

“独立騒動”の後から出てきており、

これも能年さんと滝沢氏の

“イメージダウン”を狙った策略?

とも言われています。

このまま事務所に残留しても、

“わだかまり”の残った状態。

今まで以上に

“冷遇”されることとなるでしょう。

能年さんは現在、

“女優”としてのピンチに

立たされているのかもしれません。

“小泉今日子が能年玲奈を救う?”

そんな騒動のさなか、

意外な人物の名前が浮上してきました。

“キョンキョン”こと

“小泉今日子さん”

“あまちゃん”では能年さんの母親役で、

撮影現場ではかなり

かわいがられていたとのこと。

そして小泉さんが能年さんに発した言葉。

「あんた、筋通したわ。大丈夫。

私達みんなで守るから」

これは2013年2月、

“あまちゃん”放送の2か月前に

能年さんの父親が交通事故を起こし、

その件を謝罪した能年さんに

小泉さんが与えた言葉。

これを見ても小泉さんに

好かれているのが

分かるような気がします。

また小泉さんは女優の中では

かなりの影響力を持っており、

“小泉会”なるものが存在し、

その”メンバー”とされるのは、

米倉涼子さん、飯島直子さん、

天海祐希さん、長澤まさみさん、

内田有紀さん、香里奈さん、

石原さとみさん、綾瀬はるかさん、

水川あさみさん、吉高由里子さん、

北川景子さん、

などなど蒼々たる顔ぶれです。

さらに小泉さんも今年、

“個人事務所”を設立して独立しています。

小泉今日子さんが、

“女優・能年玲奈”を

救うかもしれませんね。

能年さんは昨日自身のブログを

更新しています。

オフィシャルブログ:07`no-nen

元気な姿を見せていますが、

「情報過多。がんばるぞ~」

の意味深発言もあり

気になるところです。

早く”あまちゃん”で見せた”笑顔”を

あの時のように

すっきりした気持ちで

披露して欲しいものです。

スポンサーリンク
能年玲奈の”洗脳騒動”、小泉今日子が手を差し伸べる?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする