シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元伊勢丹従業員・森田弘子 驚愕の詐欺手口! 夫の保険金はどこへ?

6月15日、”架空サービス”で

顧客の男性から計300万円を

だまし取ったとして、

森田弘子容疑者(51)が

詐欺容疑で逮捕されました。

森田弘子

警察ではさらに余罪があるとみて

調べが進められており、

被害総額は数億円に上ると

見られています。

実は森田弘子容疑者、

今回の逮捕は”再逮捕”になります。

今年の4月、森田容疑者の夫が、

車内で炭に火を付け、自殺していました。

俗に言う”練炭自殺”です。

その際、炭やライターを買って、

夫に与えたとして、

森田容疑者は

自殺ほう助の疑いで逮捕されていました。

この二つの事件、

どうやら関連がありそうです。

スポンサーリンク

森田弘子の詐欺手口

森田容疑者は三越伊勢丹で

実際に行われているサービス、

“エムアイ友の会”

を利用していました。

森田容疑者は1982年~1992年まで

伊勢丹新宿店に勤務しており、

サービスの内容も熟知していたことでしょう。

また、夫も三越伊勢丹だったということもあり、

被害にあわれた方々も

比較的容易に

信用してしまったのかもしれません。

それでは森田容疑者の手口を

見てみたいと思います。

・エムアイ友の会

まず、三越伊勢丹が正式に顧客に

提供しているサービスです。

・12カ月積立

(12か月、5,000円~50,000円)

・6か月積立

(6か月、5,000円)

参考:エムアイ友の会

例えば12か月、10,000円コースに加入すると、

12か月後に1か月分がプラスされ、

130,000円分のお買い物カードとして

利用することができます。

少し”保険”にも似ていますが、

サービスとしてはよく見られるものです。

・森田容疑者の手口

森田容疑者は、

“エムアイ友の会”の

特別キャンペーンなどと称して、

友人や知人らに勧誘をしていました。

・一口100万円

・半年ごとに商品券40,000円

・買い物の際、25%割引

これらを勧誘の際の売りにしていました。

さらに

・元本保証

・特別キャンペーン

・特別な制度

・家族優待

などの売り文句を唱え、

手書きのパンフレットまで用意し、

主に高校時代の友人等を

勧誘していたようです。

極めつけは、

・ノルマがある

・助けてほしい

などの言葉も交えて、

人の良心につけ込む。

友人、知人等であれば、

少しは警戒心も緩みそうな内容ですね。

しかも頼まれれば、

“嫌”とは言えない友人関係もあったことでしょう。

さらにこの”100万円”

これが微妙なラインをついていますね。

被害に遭っているのは、

ほとんどが50代の人。

大体はこれぐらいの預金をしています。

さらに過去に日本で起こった詐欺事件を調べると、

“100万円一口”、

これが意外と多いのです。

何か人が信じてしまう要素でも

あるのでしょうか?

これらの要素がかみ合い、

例を見ない大きな詐欺事件と

なりつつあります。

夫の練炭自殺の真相は?

今回の森田容疑者の詐欺事件には、

昨年、”前触れ”がありました。

森田容疑者に勧められ、

サービスに加入した人が、

三越伊勢丹に問い合わせ。

事件が発覚したが、

森田容疑者が返金することで、

示談が成立。

当時、三越伊勢丹の社員だった夫は、

この事件がきっかけで体調を崩し、

自殺直前は、自宅で療養中だったようです。

そして今年の4月20日、

埼玉県所沢市内で停車中の車の中で、

木炭に着火し一酸化炭素中毒で

自殺しているのが発見されました。

その後、5月26日、

森田容疑者は夫とともに炭やライターを

購入し渡したとして、

自殺ほう助の疑いで逮捕されました。

ただ、この時は、

処分保留で釈放されています。

しかし、新たな事実が発覚してきました。

・森田容疑者が事前にネットで

“練炭自殺”について調べていた

・夫の死亡から数時間後に、

保険金3,000万円を受け取っていた。

・保険金3,000万円のうち約2,400万円は

積立期間の満期が来た加入者への

支払いに充てていた。

さらにネット上では、

“夫の体内から睡眠薬が?”などの

情報もあります。

これはあくまでも情報の一つですが、

この夫の練炭自殺。

“保険金目当ての殺人か?”

そう思わざるを得ない内容です。

最後に

今回の詐欺事件で、

被害者は数十人に上ると見られ、

最も多い人では5,000万円以上を

森田容疑者に預けていたことがわかりました。

また集めたお金の大半は、

高級エステや美容整形に使っていたようです。

人をだましてお金を集め、

そのお金で自身の欲求を満たし、

資金不足に陥ると

まただましてお金を集める。

さらに夫の保険金まで

それらに利用する。

抜けることのできない、

負の蟻地獄の自転車操業。

森田容疑者の口座には、

先月にはほとんど残高がなかったそうです。

個人の詐欺事件としては、

恐らく記録に残る被害総額と

なってしまうでしょう。

元・三越伊勢丹従業員の夫も、

森田容疑者の”犠牲者”だったのでしょうか?

早期に真相を解明して欲しいものです。

スポンサーリンク
元伊勢丹従業員・森田弘子 驚愕の詐欺手口! 夫の保険金はどこへ?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする