シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県伊勢崎市の国道を時速172キロで走行した山崎大輝の動画

6月17日、群馬県交通機動隊は、

伊勢崎市豊城町の国道17号線を、

法定速度をはるかに上回る速度で

短時間に3回も走行したとして、

嬬恋村袋倉のアルバイト、山崎大輝容疑者(24)を

逮捕しました。

逮捕容疑は道路交通法違反(速度超過)。

3月7日の午後4時半ごろから45分ごろにかけ、

普通乗用車で制限速度60キロの一般道を、

172キロ、125キロ、130キロという

制限速度をはるかに上回る速度で

走行したというものです。

スポンサーリンク

高速走行を繰り返した理由

「動画サイトに投稿し

友人に自慢したかった」

逮捕後、交通指導課の調べに対し、

山崎大輝容疑者はこう証言しています。

山崎容疑者は、

自動速度違反取締装置(オービス)がある

直線道路で、速度超過を繰り返していました。

その様子を車内からスマートフォンで撮影し、

“時速200キロでオービス光らせてみた”

と題し、

動画サイトに投稿していたのです。

先にも述べましたが、

理由が

「友人に自慢したかった」

こんなことをしてしまう本人も本人ですが、

山崎容疑者の友人は、

これを見て喜び、賞賛するような人

ばかりなのでしょうか?

一人ぐらいは制止する人がいても

よさそうな気がするのですが、、、、

高速走行の動画

それでは実際に、

山崎容疑者が投稿した動画を

見てみましょう。

“事件を伝えるニュース”

大事故が起こらなかったのが

何よりです。

これを見て、”すごい”、”素晴らしい”と

思う人間がいるものなのでしょうか?

もはや”呆れた”の言葉しか

出てきません。

考えなしの浅はかな行動

山崎容疑者は走行の際、

顔を半分隠す細工をしていましたが、

車のナンバープレートは

そのままだったといいます。

結果的に事態が発覚し

逮捕されているのですが、

行動の”幼稚さ”が目につきます。

オービスに映ることはもちろん、

動画サイトに投稿すれば、

今の世の中どうなるかぐらいは

誰にでもわかることでしょう。

少し前に騒ぎを起こし逮捕された

“ドローン少年・ノエル君”は

逆に動画を投稿することで、

社会の注目を浴びようとしていました。

いずれにしてもこれらの動画は、

“法”を犯すものであれば、

最終的には

“犯罪の証拠”となってしまうのです。

最近は”ツイッター”や

“フェイスブック”を利用し、

それらが元で逮捕につながるケースも

多数見られます。

“行動を起こす前に

一息ついて先を考える”

もう少し考えた方がよさそうです。

記憶に新しい

“北海道砂川市の交通事故”

これも公道での速度超過、

レースまがいの走行が

大惨事を引き起こしたのです。

山崎大輝容疑者も一歩間違えれば

“殺人者”になっていたのかもしれません。

スポンサーリンク
群馬県伊勢崎市の国道を時速172キロで走行した山崎大輝の動画
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする