シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

園児に強制わいせつ!大阪府守口市の幼稚園、元副園長・江端信雄が逮捕!

6月22日、大阪府警守口署は、

勤務先の幼稚園に通う女児に

わいせつな行為をしたとして、

私立幼稚園の元副園長、

溝端信雄容疑者(30)を、

強制わいせつの疑いで

逮捕しました。

今月16日、

“守口市内の幼稚園の元副園長が

複数の園児に強制わいせつの疑いで、

園、自宅を家宅捜”

という、ニュースが流れました。

(参考:号外NET)

この時は顔にモザイクが入り、

幼稚園名も明かされていませんでした。

しかし、30歳という若さで

“副園長”、

“園児にわいせつ”

ということで、

ネット上でも話題に上がっていました。

スポンサーリンク

江端容疑者の犯行内容

江端信雄容疑者(30)は今年の4月、

園児で4歳の女児を

スクールバスに連れ込み、

下半身を触るなどした

疑いがもたれています。

当時の報道では、

“膝の上に座らせて、

下半身を触るなどとした”

などと報じられていました。

事件が発覚したのは、

3人の園児の保護者が、

4月26日~5月11日の間に

大阪府警に被害届を出し、

受理されたことでした。

江端容疑者は、

「身に覚えがない」と釈明しながらも、

「保護者に心配をかけた」

「騒ぎを起こしてしまった」

との理由で、

5月7日に副園長を辞任、

5月12日には園を退職していました。

園側は5月18日、

報道陣の取材に対し、

「園の職員に聞き取り調査をしたが、

そうした事実はなかった」

と、返答していました。

その後、6月7日に

江端容疑者の自宅の家宅捜索が行われ、

パソコンやタブレットを押収、

6月22日”強制わいせつ”の疑いで

逮捕されました。

江端信雄の勤めていた私立幼稚園とは?

家宅捜索が報道された時点から、

“江端容疑者が勤めていたのは

どこの幼稚園?”

ということに注目が集まっていました。

すでに多数の情報がありましたが、

江端容疑者が勤めていた

私立幼稚園はこちらです。

“守口東幼稚園”

ここで注目すべきは、

理事長、園長:江端順子

となっています。

そうです、

江端信雄容疑者は、

江端順子の息子だったのです!

副園長・江端信雄は、園長・江端順子の息子だった!

先にご紹介した、

号外NET“でも、

“寺方幼稚園の園長の息子ね”

とのコメントがありました。

寺方幼稚園?

と、思われたかとしれません。

実はこの”江端順子”という人物、

“守口東幼稚園”

“寺方幼稚園”

の両園で、理事長、園長を

勤めています。

ちなみに地図で確認すると、

こちらになります。

さらに

“守口市子ども・子育て会議委員”で

“子ども・子育て支援に関する

事業に従事する者の代表者”

として、

“守口市私立幼稚園協議会の代表者”

を、勤めています。

そして家宅捜索の際、

報道陣に対して、

「園の職員に聞き取り調査をしたが、

そうした事実はなかった」

と、返答していたのも、

江端順子だったのです。

(参考:YOMIURI ONLINE)

事件を考察

教職者が児童に対して

わいせつ行為を行うケースが、

ここ近年、急増しているように思えます。

その中でも、”幼稚園児”というのは、

他に例を見ない、

悪質なケースでしょう。

このような事件は、

保護者だけではなく、

社会全体に不安を与えてしまいます。

また、今回のケースでは、

容疑者が園長の息子であり、

容疑者をかばうような

発言も見られます。

“教育”を大前提にしていますが、

これでは一般の”営利企業”と

何ら変わりありません。

若干30歳の我が子を

副園長に採用し、

挙句の果てには

呆れた犯罪を犯してしまう。

これは

“家族経営がもたらした汚点”

と、呼ばざるを得ません。

今回、犯罪を犯したのは、

息子である江端信雄容疑者ですが、

母である江端順子にも、

十分、責任があると思います。

“子供の罪は親の責任”

この年になって情けない話です。

最後に希望するのは、

被害に遭われた児童が、

心に傷を残さないことです。

スポンサーリンク
園児に強制わいせつ!大阪府守口市の幼稚園、元副園長・江端信雄が逮捕!
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする