シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山智咲と佐藤一麿の転落人生は親が原因?

神奈川県相模原市緑区の墓地で、

ブルーシートに包まれた

成人とみられる遺体が見つかった事件。

発見された遺体は

約2年前から行方不明になっている、

東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25歳)

であることが確認されました。

最悪の結果となってしまいましたが、

阿部さんの長男(当時7歳)の行方は

いまだわかっておらず、

警察による捜査が進められています。

それと同時に、

次第に明らかになってきた

2人の容疑者の素顔。

この事件が起こらなければ、

人並み以上の生活も

できたであろう2人。

現在わかっている情報を元に、

なぜ事件が起こったのか?

考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

佐藤一麿の母親はアナウンサー?

佐藤一麿

佐藤一麿容疑者(29)の自宅は

東京都渋谷区上原2-11-16

ストリートビュー

東京メトロ千代田線・代々木上原駅から

徒歩約10分の、都内有数の高級住宅街の

一角にある”大豪邸”。

敷地面積は約200平方メートル。

土地だけで1億9000万円ほどの価値があると

言われています。

佐藤容疑者はこの”大豪邸”で、

両親、弟と4人暮らし。

父親の職業は明らかになっていませんが、

“母親はアナウンサー”との

情報もあります。

それを裏付けるかのように、

26日放送の”とくダネ!”で

小倉智昭さんが佐藤容疑者の母親を

“知ってる人”

だったことを証言しています。

佐藤容疑者は定職に

就いている様子もなく、

出かける時間は、バラバラ。

近所では、”好青年”という

評判もあるが、

“怖い”、”うさん臭い”などという

評判もありました。

「気さくに挨拶をする」

という声もあれば、

「挨拶をするようになったのは最近のこと」

などの声もあります。

また、高級そうなスーツを着て出かけ、

近所の住民とすれ違うと、

携帯電話を取り出し、

大きな声で芸能人の話をする。

ただ、その様子に

“うさん臭さ”を感じる人も

多かったようです。

秋山智咲は資産家の娘

秋山智咲2

秋山智咲容疑者(23)の自宅は、

静岡県富士市今宮

実家は地元でも有名な

“茶農家”で、

“町一番の資産家”

としても有名です。

また、親が富士市農業協同組合代表事専務

との情報もありますが、

こちらは現在は未確定です。

地元の”富士東高等学校”を卒業後、

東京の”白百合女子大学”へ進学しています。

実家が”資産家”のためか、

大学時代も”セレブ”のような

学生生活を送っていたようです。

高級ブランド品を購入していたことも

度々あったようです。

大学卒業後、昨年実家に戻り、

年末には”婚約”していたそうです。

今年2月のツイッター(削除済み)には、

“婚約祝いのプレゼントメッセージ

ありがとう”

との投稿があり、

3月には婚約相手との

“ツーショット写真”も投稿されていました。

秋山智咲も二股交際?さらに妊娠、できちゃった婚?

ここでメディアの報道や、

各情報を見ていて、

気になる点が2点あります。

①”遠距離恋愛も大変”

②”中学校時代の同級生と結婚する”

③”孫が結婚して後継ぎができる”

①は大学在学中に、

秋山容疑者が知人に漏らしていた

との情報

②は婚約後、周りの知人に

報告していた内容

③は秋山容疑者の祖母が、

近所の人たちに話していた内容

秋山容疑者と佐藤容疑者が

交際していたのは、

秋山容疑者が大学在学中。

さらに今回の事件も、

この時行われています。

しかし①と②を見ていると、

“もしかすると秋山容疑者は、

中学時代から婚約者と

交際していたのでは?”

という見方ができそうです。

秋山容疑者が実家に戻ってから

婚約するまで1年足らず。

この可能性は、

“無きにしも非ず”

かもしれません。

もう一つ考えられるのが、

③から想像できる、

“秋山容疑者は妊娠している?”

ということです。

いくらなんでも、

“婚約”しただけで、

“後継ぎができる”とまでは、

言わないのではないでしょうか?

ひょっとするとこのあたりも、

今回の事件解決に繋がる

“カギ”になるかもしれません。

秋山智咲と佐藤一麿の転落人生

今回逮捕された、

佐藤容疑者と秋山容疑者。

共通しているのは、

“裕福”であったこと。

それに対し犠牲になられた

阿部由香利さんは、

シングルマザーで”接客業”。

男女関係のもつれや、

このあたりの事情が、

今回の事件の原因に

なっているような気がします。

またもう一つ気になるのが、

佐藤容疑者と秋山容疑者の”接点”。

6歳の年の差があり、

社会人と女子大生。

佐藤容疑者は定職にも就いておらず、

普通の学生の生活の中では、

あまり”接点”がなさそうな

気がします。

この2人の関係も、

“裕福”がもたらした

ものなのでしょうか?

佐藤容疑者と秋山容疑者は、

裕福であったが故に、

人生につまずき、

転落していったと言えるでしょう。

もしこの”裕福”が

犯罪に結びついたのだとすれば、

それに甘えさせて育てた”親”にも、

責任があるかもしれません。

スポンサーリンク
秋山智咲と佐藤一麿の転落人生は親が原因?
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする