シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同級生の耳たぶに画びょう!東海工業専門学校熱田校(名古屋市)

愛知県名古屋市内の専修学校で

2年生の男子学生(16)

同級生5人から無理やり

耳たぶに画びょうを刺されたとして、

愛知県警熱田署は14日、

暴力行為法違反(集団暴行)の疑いで、

16歳の少年5人を逮捕しました。

逮捕された5人のうち

1人は容疑を認め、

4人は「同意があった」として、

容疑を一部否認しています。

学校という閉ざされた空間の中で起こる

いじめ。

つい最近も岩手県矢巾町で

いじめが原因とされる悲しい事件が起こり、

当ブログでも取り上げてきました。

JR矢幅駅で中学2年の村松亮さんが

飛び込み自殺原因はいじめ?

矢巾北中学校 村松亮さんの担任と

家族について考察

田口千賀子(ちかこ)の画像や写真が

流出しない理由

そんな中で名古屋市で発覚した今回の事件。

もはや“いじめ”を通り越し、

“暴行”とも捉えられるような

今回の事件について

考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

“耳たぶに画びょうを刺す”

という、いじめと呼ぶには

行き過ぎた行為が行われたのは、

今年の5月27日のこと。

逮捕された5人の学生は

2年生の男子学生(16)に対し

「ピアスの穴を開けてみようぜ」

と言って、

男子学生を無理やり押さえつけ

左の耳たぶに画びょうを突き刺しました

さらにその様子を動画撮影し、

インターネット上に公開。

犯行は午後2時半ごろからの

約10分間に休憩時間に

行われたといいます。

事件が発覚したのは

被害に遭った男子学生(16)が、

6月中旬に警察に被害届を

提出したことによるもの。

さらに男子学生(16)は、

1年生のころから5人に

いじめを受けていることを

教師に訴えていたことも発覚し、

日常的ないじめがエスカレートし、

事件につながったと見られています。

逮捕された5人のうち

1人は事件後自主退学。

1人は容疑を認めていますが、

4人は「同意があった」と、

容疑を一部否認。

男子学生(16)は

“押さえつけられた”と証言しており、

とても“同意があった”とは思えません。

この男子学生(16)は、

事件後欠席を続けています。

東海工業専門学校熱田校

今回の事件が起こった学校は、

愛知県名古屋市熱田区にある、

“東海工業専門学校熱田校”

810人が在籍し、

高等課程があります。

東海工業専門学校熱田校

事件を考察

今回の事件は、

被害者、加害者共に全員が16歳

これから社会に出ていく前の

非常に大切な年頃で、

この時期に受けた影響は

今後の人生において、

大きな意味を持つことでしょう。

また社会に出ていく直前、

場合によっては

すでに社会に出て働いている

同級生も存在し、

“子供の感覚”だけでなく、

“大人の考え方や行動”

反映されてくることもあります。

そのため今回の事件は

“いじめ”の度を越え、

“暴力事件”とも捉えられる、

悲惨な事態を巻き起こしています。

これがさらに度を越えると、

世の中で報道されている

“最悪の事態”に発展してしまうのでしょうが、

今回は“不幸中の幸い?”。

早期に男子学生(16)が

警察に被害届をだしたことが、

功を奏したようです。

どんな犯罪、事件でもそうですが、

“法があるから”

“罰せられるから”

このような理由で

犯罪を抑制しなければならないのは、

非常に悲しいことです。

“人”として当たり前の

考え方思いやり道徳

これらを養っていかなければ

このような犯罪はなくなっていきません。

今回の件でも被害に遭った男子学生(16)は、

事前に教師に相談しており、

犯行を防ぐ手立てはあったはずです。

今にはじまったことではありませんが、

このような事件が多発している今、

再度、“学校と家庭の在り方”や、

“子供たちの未来”について、

社会全体で見直す必要がありそうです

スポンサーリンク
同級生の耳たぶに画びょう!東海工業専門学校熱田校(名古屋市)
この記事をお届けした
時事考察記の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする